クリミナルズ

カナダ製の本格ミステリーサスペンス

原題:LA PEUR DE L’EAU、FEAR OF WATER
製作:カナダ(2011年)
日本公開日:2014年1月(DVDスルー)
上映時間:122分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
刑事たちが難事件を複雑に絡み合った難事件を様々な推理で紐解いて行く、本格ミステリーサスペンス。周りを海に囲まれた小さな島マグダレンで、ある日、市長の愛娘ロザリーが惨殺死体で発見される衝撃的な事件が起きる。殺人事件を扱った事の無いマグダレン島の警察署は直ぐにモントリオールに捜査依頼を要請し、やがてジングラ巡査部長率いる捜査チームが島に上陸した。的確なプロファイリングにより容疑者は徐々に絞られて行く一方で、地元警察のアンドレはジングラの捜査方法に僅かな疑問を抱き始める。そしてアンドレは、初めて担当する殺人事件を独自のやり方で捜査して行くうちに、島が持つもう一つの顔に気づき始めるのだった…。

★【スタッフ】
監督:ガブリエル・ペルティエ
脚本:マルセル・ボリュー、ガブリエル・ペルティエ
音楽:ロラン・エケン

★【キャスト】
ピエール・フランソワ・ルジャンドル、ブリジット・ポゴナ、ノーマン・ダモア、ミシェル・ラピリエール、ステファニー・ラポワント、パスカル・ビュシエール

【無料動画】

映画『クリミナルズ』予告編(日本語字幕)

映画『クリミナルズ』予告編(日本語字幕)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Gyao


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月15日) 
「クリミナルズ」という、他に似たようなタイトルの映画なんて山ほどありそうだが、こちたはカナダ製で原題は「FEAR OF WATER」。フランス語の表記もあるので、フランス語圏カナダ映画なのだろうか。邦題だけでなく、ジャケットも若干の詐欺臭い状態で、全然内容とは打って変わっているので、視聴し始めてびっくりしないように。吹き替えのクオリティは残念極まりない哀しいクオリティなので、日本語字幕か、英語音声オリジナルが無難です。
DAILYMOTION (2016年1月17日) 
良く言えば正統派サスペンス、悪く言えば普通の凡庸刑事もの。カナダの島で起こった事件を解決するので、もしかしたら日本人にはわからない地域ネタや歴史的背景が存在するのかもしれないが、調べてもそれらしい解説はなかった。静かな流れで黙々と謎を解いていく定番ミステリーが好きなら、ハマるかもしれません。かつて昭和の時代にはこんな佳作がゴールデンタイムによく放映されていたのですが、それを思い出させる雰囲気がありましたね。
STREAMANGO (2016年1月18日) 
久しぶりにこんな硬派なサスペンスを見た。市長の娘の殺人事件に痴情のもつれ、遺産争い、変質者の通り魔的犯行という複数の動機が積み重なっていき、その線上に怪しすぎる登場人物が次々と浮かび上がって観客と登場人物を惑わす。主役はミステリでは無能の象徴とされる地元警察の制服警官で、案の定、気弱な性格で冴えない風貌だが、探偵的な推理力に秀でた設定に確かな仕事人としての誇りを感じる。ハリウッド映画に比べて落ち着いた話運びが魅力。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)