キラー・ビー ~殺人蜂大襲来~

動画『キラー・ビー ~殺人蜂大襲来~』を無料視聴

キラー・ビー ~殺人蜂大襲来~

原題:PANIQUE!、KILLER BEES
製作:フランス(2009年)
日本公開日:2010年11月(DVDスルー)
上映時間:87分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%
IMDb ??/10

【あらすじ】
突然変異で殺人蜂と化したミツバチが人々を襲うパニック・サスペンス。地中海に面した小さな町で、蜂による被害者が続出する。だが、フェスティバルの開催を控えて盛り上がっている町では、誰もそのことを深刻に考えていなかった。しかしその一方で、養蜂家に飼われている蜂が大量失踪、蜂の大群が不穏な羽音を響かせながら人々に迫ってきていた…。そしてついにフェスティバルで賑わう町に、蜂の大群が出現!逃げ惑う人々に容赦なく襲いかかる蜂たち!!このまま町は蜂の棲みかと化してしまうのだろうか…。

【スタッフ】
監督:ブノワ・ドベール
脚本:エマニュエル・サルドゥー、ヴァンサン・ソリニャック
撮影:マチュー・チェルニコウ
音楽:ギョーム・ルーセル

【キャスト】
リシャール・アンコニナ、クララ・ポンソ、ピエール・ドレンヌ、シャーリー・デュポン、イヴ・ヴェルフーヴァン、アレサンドラ・マルティネス、チャーリー・デュポン

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
【Gyao】

【感想・批評】

名無しさん(2010年12月10日) star_5
お約束通り祭りは蜂に襲撃され大きな被害が出ますが、何せ小さな町の出来事なのでスケール感も小さく、ナイスとおねえさんの活躍により割とあっさりと事態は解決します。蜂は本物とCGの融合だと思いますが、CGはそれなりに良く出来ていると思うし調教されたと思われる蜂の描写もなかなかです。例によってテキトーな事を書いていますが、映画自体はそれほど悪くなく、短い尺の中でそれなりにサスペンスフルによくまとまっています。結論的に言えば、女性にとっていちばん危険な蜂は愛の言葉を巧みにあやつるフランス野郎だという事でしょうか。
名無しさん(2010年12月17日) star_5
またアメリカの超絶B級映画か…と思ったらフランス映画でした。だからなのか、案外というか、意外に面白い作品です。よくある巨大化した何かではなく、これはただの大量の蜂が街中に溢れかえり、人々をひたすら襲うお話。ある理由で蜂が攻撃的になってしまい、物凄い数の蜂が飛び交っているわけですが、もう気持ち悪いのなんの。虫嫌いにはNG作品です。ただ、昆虫パニックにはまりそう。虫嫌いなはずなのに、こういったパニックもの、見ずにはいられないんですよね。何故だろう。この作品では、蜂パニックと同時進行で仲の悪かった娘と父の親子関係が変化していくところだとかもみれるわけですが、展開早いです。蜂嫌いじゃなくても(蜂が好きですという人は珍しい気もするけど)、なかなか嫌な状況ですね。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。