君の名は。

日本を一瞬で虜にした映画史に刻まれた傑作アニメーション

『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』など、少年少女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が描くオリジナル長編アニメ。1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、湖のある山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に不満をもち、都会に憧れを抱いていた三葉は、不思議な夢のような体験の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧は、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。瀧もまた、慣れない田舎生活と女性の体に四苦八苦しつつ、都会にはない新鮮な気持ちを味わっていた。

原題:君の名は。(英題:Your name.) / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年8月26日 / 上映時間:107分 / 製作会社:コミックス・ウェーブ・フィルム / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:244.6億円

★【スタッフ】
監督:新海誠(関連作品:『言の葉の庭』、『秒速5センチメートル』)
脚本:新海誠
キャラクターデザイン:田中将賀(関連作品:『心が叫びたがってるんだ。』)
作画監督:安藤雅司(関連作品:『千と千尋の神隠し』)
音楽:RADWIMPS

★【キャスト】
神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、成田凌、悠木碧、島崎信長

【無料動画】

「君の名は。」予告2

「君の名は。」予告2

前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
8.5/10 97% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
4.1/5.0 4.14/5.00 4.1/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
83% 79点 82.6点
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭のアニメーション部門で最優秀長編作品賞を受賞。
第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞でアニメ映画賞を受賞。

★【雑学(トリビア)】
・新海誠監督がかつて手掛けたZ会のCM「クロスロード」が本作の製作のきっかけとなった。
・『言の葉の庭』に登場した教師の雪野百香里が本作にもゲスト出演している。声優も『言の葉の庭』と同様に花澤香菜が担当。
・主人公の瀧のバイト先のレストランは、新宿御苑の「カフェ ラ・ボエム」がモデルとなっている。
・ヒロインの三葉の名前の由来は、日本神話の「ミヅハノメ」という水の神。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩の映画ムダ話『君の名は。』解説
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●映画FUN (2016年8月27日) 
これは日本アニメ映画史に残る名作でしょう。震災以降の日本人にズシンと響く感動作。日本中の、いや世界中の人に観てほしい! 誰もがこの映画の魅力を言葉で説明しようと試みたが、それは結局、意味はなかった。とにかくその目で見ることでしかわからないから。圧倒的な美麗な映像の中に散りばめられた数々の想い。そのすべてがキラキラと光って心に残る。とても切なくてでも温かい、不思議な映画になっています。
●CRUNCHYROLL (2016年9月19日) 
予告動画で一気に惹かれて観賞。何度でも誰とでも観たい。見れば見るほど常に新しい発見がある作品です。ぜひ本作を観て感動した方は新海誠監督の過去作をチェックしてほしいです。「君の名は」のエッセンスがたくさん感じられると思いますよ。そして、いつかの映画をさらなる未来の世代に語り継いでいってほしいですね。時代を超えて愛される映画になっていると思います。きっとこの感動はずっと受け継がれていくのだなと確信しています。