KUBO/クボ 二本の弦の秘密

日本を舞台にした、世界で絶賛されたストップ・アニメーション

原題:Kubo and the Two Strings
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2017年11月18日
上映時間:101分
製作会社:Laika
配給:
製作費:6000万ドル
興行収入:7330万ドル

★【あらすじ】
『コララインとボタンの魔女』や『パラノーマン ブライス・ホローの謎』などストップモーション・アニメーションを手がけてきたスタジオ「ライカ」がおくる日本を舞台にした独特なファンタジー。心優しく賢い青年クボは、海辺の町に住む人々におとぎ話を語りながらひっそりと暮らしていたものの、思いがけず神話の霊を呼び出してしまい、生活が一転。クボは家族を守るため、そしてかつて最強の侍として知られた亡き父の謎を解くために平和な町を離れ、サルやビートル、魔法の力がある三味線の力を借りて神々や怪物と戦う危険な旅へ出る。

★【スタッフ】
監督:トラビス・ナイト
脚本:マーク・ハイムズ、クリス・バトラー
音楽:ダリオ・マリアネッリ

★【キャスト】
シャーリーズ・セロン、アート・パーキンソン、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラ、ジョージ・タケイ、マシュー・マコノヒー

【無料動画】

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』予告編

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』予告編

Go Behind the Scenes of Kubo and the Two Strings | stop-motion and voice production

Go Behind the Scenes of Kubo and the Two Strings | stop-motion and voice production


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Xmovies8


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.8/10 96% 84
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.8/5.0 3.98/5.00 4.0/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
90% 78点 78.7点
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第89回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2017年11月1日) 
見た人は誰もが驚愕する作品というのは滅多にない。しかし、この映画はまさにそういう作品だ。これがストップモーション・アニメで作られているのか…と茫然としてしまう。なんでもCGな時代にこんなある意味、原始的なことを続けて作品を生み出す活力。世界中の映画祭で称賛される理由も当然の納得です。これぞアニメーションの最高峰クラスであり、圧倒的な映像表現にぜひ酔いしれてほしい。冗談抜きで、大げさでもなく、瞬きはできない。
DAILYMOTION (2017年11月23日) 
SNSで大絶賛されていて鑑賞しましたが、確かに面白かったです。これは多くの人に見てもらいたいと思うのもなるほどそうだと腑に落ちるし、ただただ凄いですね。私には専門的な知識もないので詳しく語れないですが、逆にそういう人でも凄いと思えるというのがこの作品の素晴しさ。日本を舞台にしていて、サルなどの仲間を集めて悪者退治していく旅ということで、どこかで聞いたことがある昔話を思い出させて懐かしいのも良いです。
CRUNCHYROLL (2017年11月28日) 
5回以上は鑑賞した。でも、全く飽きない。登場人物がみんなチャーミングでほんと愛しい。冒頭の大波をはじめとする背景のスケール感がすごかったし、それから何と言っても三味線の弾き語りと折紙劇の組み合わせは最高にクール。この作品が海外で生まれたことが何よりも嬉しい。作品を観ていると、日本文化を徹底的に調べ研究したのが伝わってきます。ここまで完璧にアニメーションを誠心誠意作っている人達がいることを知り、ただただ感動!

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)