遠くでずっとそばにいる

10年の記憶を失くした、その真実とは

原題:遠くでずっとそばにいる
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年6月15日
上映時間:108分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

恋愛小説家・狗飼恭子の同名小説を、「夜のピクニック」「天国はまだ遠く」の長澤雅彦監督が映画化。交通事故で記憶を失った主人公が、失われた記憶を取り戻していくことで、つらい過去と向き合う姿を描いた恋愛ドラマ。主演は『花子の日記』などの倉科カナ。『ツレがうつになりまして。』の中野裕太、人気芸人の徳井義実ら多彩な顔ぶれが共演。『ニューヨーク、アイラブユー』などで国際的に活動を続けている岩井俊二監督が自作以外で初めて長編劇場映画の音楽を手掛けたことも特徴。27歳の志村朔美は、交通事故で記憶障害が起こり、10年分の記憶を失ってしまう。17歳までのことしか覚えていない朔美は、それでもその状況を受け入れて楽しんでいたが、忘れてしまった10年間の出来事が気になりはじめる。恋人と思われる良彦や、高校時代の同級生らの助けを借り、失われた記憶をたどっていく朔美だったが…。

★【スタッフ】
監督:長澤雅彦
脚本:狗飼恭子
撮影:神戸千木
音楽:岩井俊二

★【キャスト】
倉科カナ、中野裕太、伽奈、清水くるみ、大間ジロー

【無料動画】

映画『遠くでずっとそばにいる』予告編

映画『遠くでずっとそばにいる』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2013年7月4日) 
状況設定がすごくいい映画。何故自分の記憶が消えたのか?一気に聞くこともなく身近な人々と接して行きながら今の自分に近づいていく。でも今の自分に戻っていくことで去っていく友もいる。考えさせられる映画である。喪失した記憶をたどるだけの話なのにここまで観ている者を引っ張っていくのは倉科カナの演技と監督の才能であろう。倉科カナの可愛さで、観る方は翻弄されるが、心地のいい余韻が残る。そんな人に囲まれてるんだと思えば、小出しの事柄を心地良い余韻として感じる事が出来る良い作品。17才に戻った無邪気さと、27歳のあざとささえ感じられる朔美の対比が面白い。
名無しさん(2013年7月9日) 
率直な感想を言うと、全体的に説明不足な感じは否めないです。記憶喪失になったにも関わらず、終始、天真爛漫な主人公に感情移入も難しいです。ただ、その天真爛漫のおかげが周囲の人間の気遣いや表情が重苦しく、過去の出来事を早く知りたくなります。説明不足な感じは、気になったので原作を読むことにしました。何がよかったかって、中野裕太が切なくてキュンキュンさせられた事です!きっと倉科かな演じる主人公は、あんまりいい子じゃなかったのかもしれないけど、そんな彼女が自分と付き合っていた事を忘れたとしても、変わらずとっても大切にしてくれて、あんなに想ってくれるならすぐ結婚しちゃう。