17歳の夏

キャンプでめぐり合った官能的体験の結末は…

原題:Camping Sauvage
製作:フランス(2005年)
日本公開日:2011年11月(DVDスルー)
上映時間:78分
製作会社:Les Films à Un Dollar
配給:
製作費:
興行収入:

17歳の少女が初めて経験する、40代の孤独な男との危険な恋を官能的かつスリリングに描くエロティック・サスペンス。17歳の少女カミーユ。今年の夏休みは家族と共に、湖のほとりのキャンプ場で休暇を過ごしていた。しかし、両親との仲は最悪。恋人のフレッドとの時間で退屈を凌ごうとするものの、彼の幼い性格にうんざり。そんなある日、新人のヨットインストラクターがやって来て…。

★【スタッフ】
監督:クリストフ・アリ、ニコラ・ボニラウリ
脚本:クリストフ・アリ、ニコラ・ボニラウリ
撮影:ジェローム・ペルブラン
音楽:ニコラ・バビー

★【キャスト】
イジルド・ル・ベスコ、ドニ・ラヴァン、パスカル・ボンガール、エマニュエル・ベルコ、ヤン・トレグエ、ジャン=ミシェル・ゲリン

【無料動画】

camping sauvage trailer

camping sauvage trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月2日) 
フランス映画の独特のタッチに慣れている人であれば、この作品もそういうものだとすんなり受け入れられるだろうが、あまり知らない人はいろいろびっくりすることになるかもしれない。セクシャルな部分については一切の妥協がなく、オープンなのはいつもどおりだが、ラストの苦い味わいなんかはフランス要素が濃厚すぎるほど。気まぐれな大人の危うい恋を楽しむ作品だと思っていると思わぬ反撃を受けるので、そこは気を付けているといいだろう。
映画FUN (2016年1月5日) 
キャンプしていると出会いがあったりして、見知らぬ人との交流があるのも理解できるが、さすがフランス。バカンスの野外キャンプではこんなことはあるものなのでしょうか。向こうのバカンスは1日2日ではないので、こういう長めのドラマが起きやすいという事情もあるのでしょうが。それにしても日本人感覚的に別世界。邦題では「17歳の夏」という年齢を強調したタイトルだが、原題は「キャンプ」なのでこの舞台が非常に重要になっている。
OPENLOAD (2016年1月16日) 
イジルド・ル・ベスコの豊満な肉体と、ドニ・ラヴァンの少年のような仕草を堪能する作品。エロティックドラマと謳っているせいで、ロリータに着目して鑑賞をした下心ありの諸君が集まってくるでしょうが、そういう狙いは少し外れると思う。17歳の少女が妻子持ちの40代のおっさんと恋に落ちるという設定よりも、実は別の意味のあるテーマがあったりするのですが、それを推察できるかどうかが大事かもしれない。視点を変えて楽しんでほしい。
SPACEMOV (2016年1月19日) 
日本の宣伝では官能映画風に作品をデコレーションしてアプローチしているが、実際の作品の中身はそんなジャンル的なものではない。そのため勘違いして勝手にガッカリしている人が多数出現する事態を招いている。それで作品に酷評がつくのは可哀想なので、フォローしてあげたいと思う。では本当の中身はといえば、キャンプ場という一種の孤立した空間を舞台にしたサスペンス・ドラマだと思ってもらえればいいだろう。かなりシリアスだ。