アオハライド(実写映画)

動画『アオハライド』を無料視聴

恋、友情、仲間、家族…青春のすべてが詰まっている

原題:アオハライド
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年12月13日
上映時間:122分
製作会社:映画「アオハライド」製作委員会
配給:東宝
製作費:
興行収入:19億円

【あらすじ】
「別冊マーガレット」で連載の咲坂伊緒による人気コミックを、ドラマやCMで活躍する人気モデルの本田翼と「クローズEXPLODE」の東出昌大共演で実写映画化した青春ラブストーリー。中学1年生の双葉と洸は互いに淡い恋心を抱いていたが、洸の突然の転校によって離ればなれになってしまう。4年後、高校2年生になった双葉は洸と思いがけず再会を果たすが、洸は以前とは正反対のクールな性格に変わってしまっていた。戸惑いを隠しきれない双葉だったが、そっけない言動の中に見え隠れする洸の優しさに触れ、再び彼にひかれていく。やがて、洸の空白の4年間が明らかになっていき…。

【スタッフ】
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
撮影:山田康介
音楽:林ゆうき、山下康介

【キャスト】
本田翼、東出昌大、新川優愛、吉沢亮、藤本泉、千葉雄大、小柳友、高畑充希、岡江久美子

【動画】

映画『アオハライド』予告編

映画『アオハライド』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
TSUTAYA DISCAS/TV(30日無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Hulu
auビデオパス(30日無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
Amazonプライム・ビデオ(30日無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月1日) star_5
本田翼の演技力を生温かく見守る映画です。冗談はさておき、やっぱり10巻以上あるマンガを2時間に収めるのは難しいよね。20代半ばの東出昌大には正直高校生役はキツイ気持ちもするし、どうかなと思ったのですが、そのへんをカバーするだけの演技力があったので問題なしでしたね。それよりも本田翼。また言及してしまうけど、どうしちゃったのか。彼女だって別に高校生という年代ではないですが、別に老けてないはずなのに…。やはり演技が…。
BILIBILI (2016年1月6日) star_5
原作が大好きで何度も見ているので切り離しては見られなかった。しかし原作を上手くアレンジしており、肝心のストーリーも簡潔、かつ仲間との友情もしっかり描かれていて満足。文化祭と修学旅行での展開はこれぞ青春という内容。双葉役の本田翼は可愛い。たぶんその点について否定はできないし、する人がいるとしたら嫉妬しているだけだ。それ以外の部分は擁護する気はないけど。東出昌大はハマるときとそうでないときでムラがありすぎる。
PARAVI (2016年1月7日) star_5
本田翼のイヤミないかわいさが全編通して光っていたので個人的には大満足。青春に乗るから”アオハライド”というタイトルで当時は既にもう胸キュンしていた。そんな時代もあったのです。こういうキラキラ青春系はバカにする人も多いけど、こういう純情な想いを体現できるのも、あの時代だけだったんですよ。だからそんなひと時に浸れるこういう映画は貴重なんですよ。ある種のノスタルジーだったり、叶わない願望だったりね。
DAILYMOTION (2016年1月9日) star_5
主演よりも脇役の演技の方が輝いている。残酷な作品ですよ。ずば抜けてるのはやっぱり高畑充希。圧倒的な存在感で一瞬にして印象を独り占めするパワーはさすが。千葉雄大も忘れてはいけない注目ポイントです。監督は原作モノばかりを撮ってる三木監督なので、ポイントは押さえてるし、とりあえず平均点はとれる完成度には持っていく才能があることはわかります。いろいろ厳しい評価も受けているようではありますが悪くはないです。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする