バースデーカード

橋本愛と宮崎あおいが母娘役で初共演

原題:バースデーカード
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年10月22日
上映時間:123分
製作会社:トラヴィス
配給:東映
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.7 / 5.0
Yahoo!映画 3.70 / 5.00
Filmarks 3.9 / 5.0

★【あらすじ】
橋本愛と宮崎あおいが母娘役で初共演し、亡き母から毎年届く誕生日カードに励まされながら人生を歩んでいく少女の成長を描いた人間ドラマ。両親や弟と暮らす内気な少女・紀子は、優しくて明るい母・芳恵のことが大好きだった。しかし紀子が10歳のある日、芳恵は病気でこの世を去ってしまう。自分の死期を悟った芳恵は、子どもたちが20歳になるまで毎年バースデーカードを贈る約束をしていた。その約束どおり、紀子たちのもとには毎年、母からの手紙が届くように。そして20歳を迎えた最後の手紙には、紀子が10年前に母に投げかけた質問への答えが記されていた。

★【スタッフ】
監督:吉田康弘(関連作品:『クジラのいた夏』)
脚本:吉田康弘
撮影:木村信也
音楽:きだしゅんすけ

★【キャスト】
橋本愛、ユースケ・サンタマリア、須賀健太、中村蒼、宮崎あおい、谷原章介、木村多江、安藤玉恵、黒田大輔、清水伸、田中圭、洞口依子

【無料動画】

『バースデーカード』予告編

『バースデーカード』予告編

(C)2016「バースデーカード」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2016年10月28日) 
笑える要素あり、泣ける要素もあり、ドキドキの展開もありで、実に奥深い映画でした。物凄く秀でた何かがあるわけではないし、再鑑賞も人におすすめもするほどでもないけど、不思議と穏やかで爽やかで良い作品。自分も子供のお誕生日には手紙を書いてあげようとか、そんな優しい気分になれる感じでしょうか。「間違ってもいいから、一歩踏み出す勇気を」というポジティブなメッセージはいつの時代でも人の心を救えると思います。
●BILIBILI (2016年10月30日) 
橋本愛のウェディングドレスは一見の価値あり。やはりモデル。圧倒的に美しい。本人的には普通にしているだけかもしれないけど、どうしたってオーラが出てしまうのかな。そんな彼女の主演映画ですが、中身はクスッと出来るシーンも多く、思っていたより見やすかったですね。温かい気持ちになりました。エンディングで向日葵が流れてきた時、心に響いて涙してしまいました。マイナー作品ですけど、ぜひお宝発見の気分で鑑賞してください。
●VIDEOEYNY (2016年11月2日) 
王道の中にもコミカルなシーンもあり、それがスパイス的な役割を果たしているような気がしました。あとは俳優の皆さんの上手さも加わっているのも魅力の支えになってましたね。思春期に母の手紙に苦しむ橋本愛。目の前に母はいないけど親子喧嘩ができたような気がして、なんだか心のしこりがとれた心のスッキリさ。久しぶりに日本の映画でこんなにも泣けるとは。感動を押し付けることなく、自然に生み出すドラマにすっかり夢中です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)