イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優

波乱万丈の女優の素顔に迫る

原題:Jag ar Ingrid
製作:スウェーデン(2015年)
日本公開日:2016年8月27日
上映時間:114分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「カサブランカ」「ガス燈」「オリエント急行殺人事件」「秋のソナタ」など、数々の傑作で知られるスウェーデン出身の名女優イングリッド・バーグマンのドキュメンタリー。知性あふれる美貌と卓越した演技力でハリウッド黄金期に活躍し、アカデミー賞に7度ノミネートされ、3度の受賞を果たしたバーグマン。世界中の人々を魅了する一方で、プライベートでは不倫騒動や3度の結婚などスキャンダルも多く、波乱万丈の人生を送った。父親の影響でカメラ好きだったバーグマンが肌身離さず持ち歩いていたカメラで撮影された貴重な写真のほか、プライベートな映像、日記、手紙、子どもたちへのインタビューなどを通し、女優としてのバーグマンはもちろん、家族を愛するひとりの女性としての姿も浮かび上がらせる。

★【スタッフ】
監督:スティーグ・ビョークマン
脚本:スティーグ・ビョークマン、スティーナ・ガーデル、ドミニカ・ダウベンビュッフェル
撮影:マリン・コークアサロ、エバ・ダールグレン
音楽:マイケル・ナイマン

★【キャスト】
イングリッド・バーグマン、イザベラ・ロッセリーニ、イングリッド・ロッセリーニ、ロベルト・ロッセリーニ、ピア・リンドストロム、フィオレラ・マリアーニ、リヴ・ウルマン、シガニー・ウィーバー、ジャニーン・ベシンガー

【無料動画】

映画『イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~』予告編

映画『イングリッド・バーグマン~愛に生きた女優~』予告編

(C)Mantaray Film AB. All rights reserved. Photo: The Harry Ransom Center, Austin


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年9月10日) 
演技することが生きがい、生きる行為そのものだったと語られるバーグマン。まさにそのとおり役者の仕事に自分の全てを捧げて生きた結果、世間体さえも無視して自由に行動したのだと思う。ところが、その代償は大きく、そう単純に人生を謳歌できるわけもなく。映画の中の彼女も美しいですがホームビデオに写るキラキラした笑顔が素敵で、実は演技していない姿の方が魅力に溢れていたのかもしれないです。そんな可憐な生き様に見惚れました。
●DAILYMOTION (2016年9月14日) 
イングリッドバーグマンという非常に語りがいのある存在を、新しい視点を含めていろんな角度から知ることができるとても優れた作品でした。「私のことを決めるのは私」と常に自分の心に正直に生きていて、それは一足先に女性の自由な社会進出を先導していたともとれる。しかし、彼女の存在は早すぎたのでしょうか。素晴らしい才能をさらに引き出す当時の製作陣の眼力にも脱帽ですけど、やはりここまでの強い意志があってこそではないですか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)