ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実

その支援は役に立っていないかもしれない

途上国を舞台に成長し続ける貧困産業の実態に迫ったドキュメンタリー。営利目的の途上国開発業者や貧困産業が成長する一方で、先進国から一方的に押し付けられる援助により、受け手の途上国側の自活力が潰されているという実態があった。一足購入ごとに発展途上国に一足の靴が贈られるというあるシューズメーカーの取り組みは、地域産業の成長を妨げていた。その一方で、海外援助に頼ることなく、自ら起業することで課題の解決をおこなう事業者も存在する。貧困産業を取り巻くさまざまな問題に光を当て、援助のあり方を問いかけていく。

原題:Poverty, Inc. / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2016年8月6日 / 上映時間:91分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:マイケル・マシスン・ミラー
脚本:ジョナサン・ウィット、マイケル・マシスン・ミラー、サイモン・シオンカ
撮影:サイモン・シオンカ

★【キャスト】

【無料動画】

映画『ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜』予告編 2016/8/6公開!

映画『ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜』予告編 2016/8/6公開!


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年9月8日) 
駅前とかで「ガーナの可哀想な子供達を私たちが救ってあげましょう」的な募金をよく見かける。また、いらなくなったモノをアフリカの恵まれない子供たちに届けます的なサービスもネットを探せばいくらでもある。でも、その行為が本当に正しいかどうかはあまり考えられない。そして今作は欧米による援助が貧困国にどんな影響をもたらしているかに迫っている。途上国支援したいって言う前に絶対にみるべき一作だし、学校でも流すべきだと思う。
映画FUN (2016年9月9日) 
国際協力に携わる方は観たほうがいい映画です。「食糧援助によって貧困がふえた」こんな言葉をあなたは知っていますか。アフリカへの古着の寄付では、無料で配られる服のため、自国の綿畑はなくなり、繊維産業も衰退している。ハイチで太陽光発電を作る会社を立ち上げたにもかかわらず、支援で届く太陽光パネルが、その事業のライバルだという。誰かに喜んでもらえると思ったことは、ただの自己満足だったのか。寄付を見つめ直したい。
STREAMIN (2016年9月9日) 
「援助を受けている側」の人間はどう感じているのか。なぜ今までこの視点がなかったのだろう。「援助は本当にその国のためになるのか?」という問いから始まるドキュメンタリー映画。寄付や援助として流れたお金は、果たしてどのように使われているのか。援助という形で、途上国を新たなマーケットとして利益ありきで考えてはいないか。これは我々先進国の人間には痛い話だ。しかし、寄付地はもっと頭の痛い問題なのだ。考えないと。
DAILYMOTION (2016年9月26日) 
支援するだけでは駄目だということはわかっていたけど、援助を続けることで悪循環に陥り、貧困を招いているだなんて思わなかった。一般向けの作品で、開発協力の矛盾をここまで指摘している作品はないのではないだろうか。構造的な問題があるならば、NGOや、コンサル、ソーシャルアントレプレナーたち個々のプレーヤーはどうすれば良いのだろう? その答えは自分で探すほかないのか。本当に役に立つ支援の形を模索していかなければ。