ブレンダンとケルズの秘密

アイルランドの国宝の物語が今、描かれる

原題:The Secret of Kells
製作:アイルランド・フランス・ベルギー(2009年)
日本公開日:2017年7月29日
上映時間:75分
製作会社:Les Armateurs、Vivi Film
配給:
製作費:800万ドル
興行収入:

★【評価】
91% Rotten Tomatoes

時は、9世紀。孤児のブレンダンは、修道院で厳しい叔父の僧院長と優しい僧侶らに囲まれて暮らしていた。ある日、バイキングの襲撃で修道院を追われた老僧が現れ、彩飾者である彼が描きかけている本をブレンダンに見せる。そして、本を完成させるために、森に行ってインクとなる木の実を取って来て欲しいとブレンダンに頼むのだった。彼は森へ行くことを堅く禁じられていたが、こっそり僧院を抜け出し森に出かけ、そこで不思議な力をもった少女アシュリンと出会うのだが…。

★【スタッフ】
監督:トム・ムーア、ノラ・トゥオメィ
脚本:トム・ムーア、ファブリス・ジョルコウスキー
音楽:ブリュノ・クーレ、KiLa

★【キャスト】
イヴァン・マクガイア、ブレンダン・グリーソン、ミック・ラリー、クリステン・ムーニー

【無料動画】

予告編「ブレンダンとケルズの秘密」

予告編「ブレンダンとケルズの秘密」

(C)Les Amateurs, Vivi Film, Cartoon Saloon


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第82回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年8月2日) 
「ソング・オブ・ザ・シー」の監督の過去作で、絵柄も同じで、不思議な安心感があります。一見すると子ども向けですが、結構怖い描写も多いし、終盤は虐殺の歴史を描くことになる展開になるので、あまり小さい子向けではないですね。シンプルで絵本的な感じなので、大人が楽しむ絵本のような楽しみ方をすればいいと思います。物語が哲学、知識が我々を救うという、文学的かつ宗教的なテーマなんかは、完全に大人の理解を必要とします。
OPENLOAD (2017年8月4日) 
万華鏡のような世界にうっとり。何度でも見ていたい不思議な魔力がある。美しいアニメーションはもとより、ケルティックな音楽や世界観が好きな人は間違いなくハマるので手を伸ばしてほしい。戦いのシーンはその表現方法と美しさに感嘆するばかりで、パンガ・ボンのシーンも魅入って、そんな表現で来るのかと驚き。アシュリンは普通に可愛らしく、もっと見ていたかったかな。アイルランドの文化や伝承に興味を持つきっかけになるのでは?
CRUNCHYROLL (2017年8月12日) 
アイルランドの国宝になっている世界で最も美しい本「ケルズの書」の誕生に纏わる伝説がストーリーの骨格で、こんなものが存在することさえ知らなかった私は新鮮で勉強になった。日本昔ばなしっぽい絵柄でそのケルズの書の歴史が語られるのですが、説明的ではなく、徹底して物語的。大人の視点で捉えれば、いろいろな暗喩を感じ取れるだろう。あとは映像表現がかなり好み。アシュリンが神出鬼没に現れる遠近法を無視した演出は斬新だった。