サマーウォーズ

動画『サマーウォーズ』を無料視聴

よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!

原題:サマーウォーズ
製作:日本(2009年)
日本公開日:2009年8月1日
上映時間:114分
製作会社:マッドハウス
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:16.5億円

★【評価】
Rotten Tomatoes 76%

★【あらすじ】
「時をかける少女」の細田守監督が、同作に続いて脚本・奥寺佐渡子、キャラクターデザイン・貞本義行とともに描くオリジナル長編アニメーション。数学が得意だが気弱な高校2年生の健二は、憧れの先輩・夏希に頼まれ、夏休みの間、彼女の実家で夏希のフィアンセとして過ごすことに。そんな時、健二はネット上の仮想空間OZで起きた事件に巻き込まれ、その影響が現実世界にも波及。夏希の一家ともども、世界の危機に立ち向かう。

★【スタッフ】
監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
音楽:松本晃彦

★【キャスト(キャラクター)】
神木隆之介(小磯健二)、桜庭ななみ(篠原夏希)、富司純子(陣内栄)、谷村美月(池沢佳主馬)、斎藤歩(陣内侘助)、横川貴大(佐久間敬)、信澤三恵子(陣内万理子)、谷川清美(篠原雪子)、桐本琢也、佐々木睦

【無料動画】

「サマーウォーズ」 劇場用予告

「サマーウォーズ」 劇場用予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月8日) 
監督の言うように「嫁さんの実家に連れて行ってもらった時、親戚が誰が誰だかわからず戸惑った」という感覚がそのまま再現されているのが凄い。序盤のワチャワチャ感はまさにこれぞアニメーションという楽しさがある。その田舎的な昔ながらの日本の多様性と、ネット社会におけるバーチャルの多様性が対比されていて、また面白い。そのどちらの世界も同一に愛情を持って描かれており、ありがちなネット批判みたいなものはないのも気が利いている。
映画FUN (2016年6月7日) 
夏になると思い出す映画。あんな田舎に帰省するのにちょっと憧れる。大家族も憧れる。大人の人たちがそれぞれ自分のできること、自信のあることがあって何をしているのかわかっている感じが良くて、物語としてもテキパキ進んでいくのダレない。一番泣いてしまうのは、ラブマシーンとの花札の勝負で、男の子がアカウントを使ってくださいと言うシーン。そして世界中の人が夏希にアカウントを託すところでは盛り上がって涙が止まらず号泣です。
BILIBILI (2016年7月3日) 
夏が好きなので青空、入道雲、蝉の声とかそれだけでもうテンションが上がって贔屓目で見てしまうけれど、そういうの抜きにしても名作。日本の田舎の夏のノスタルジックな風景とオズの近未来なデザインの鏡構造が良い。全てがひとつのシステムで管理される社会に警鐘を鳴らしつつ、そんな中でも残る人と人とのつながりを優しく肯定してくれる。陣内家で始まったつながりが世界規模のネットワークになっていくシーンは熱いドラマになっている。
CRUNCHYROLL (2016年8月9日) 
この一つの映画には家族愛や自己の成長、危機に対する協力など数え切れないほどの要素が詰まっている。その中でも押しつけがましい上から目線な説教がないのも良い。上映時よりSNSがさらに普及している今だからこそ、改めて観たら新しい発見があるんじゃないかと思います。AIが段々と身近になっていく今の時代。映像の中のタダ事ではなく実際に起きてしまいそうなことだから、余計にメッセージ性が強い。もう一度見直すのも印象が変わる。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)