アルマゲドン2013

動画『アルマゲドン2013』を無料視聴

地球の何度目かはわからないピンチ!

原題:CAT.8
製作:カナダ(2013年)
日本公開日:2013年8月(DVDスルー)
上映時間:178分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
アメリカが極秘開発した、衛星による地球防衛システム実験が失敗し、太陽の磁場に異変が生じてしまった。猛烈な磁気嵐と、炎上した人工衛星が隕石雨と化して大都市に降り注ぐ。また、地軸は歪み、大地震が群発。さらに史上最大の太陽フレアが接近していた。物理学者のマイケルは、高周波ビームにより太陽嵐をはね返すプランを立案。真相を隠蔽しようとする国防長官の陰謀と戦いながら、人類滅亡から世界を救おうと奮闘。そんなマイケルの作戦は見事成功し、太陽嵐の直撃は回避されたが、今度は地核の回転が止まり、気温が急上昇。火山は次々と噴火を起こし、このままでは内部からの圧力により、数日後には地球破裂の危機に。大統領が地震で死亡し、混乱を極める合衆国。狂気の暴走を続ける国防長官。マイケルは地球を救うため、再び不可能とも言える地核の回転を再起動する計画を実行するが…。

★【スタッフ】
監督:ケビン・フェア
脚本:ドナルド・マーティン
撮影:バーナード・クーチャー
音楽:マイケル・コリボー

★【キャスト】
マシュー・モディーン、マキシム・ロイ、テッド・ウィットール、トレヴァー・ヘイズ、カリンカ・ペトリー、スピロ・マランドラキス、ケイト・ドラモンド、アラン・ゴーレム、スーザン・ホーガン、フランシス・X・マッカーシー

【無料動画】

アルマゲドン2013

アルマゲドン2013


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月8日) 
視聴し初めて気づいた驚愕の事実がありました。この作品、3時間以上ある…。だから場合によっては「part1」と「part2」に分かれて提供されているのですが、地球を救うにはこれくらい時間が必要だということか。タイトルのとおり本家「アルマゲドン」便乗作品だが、本家と比べ名前負けしている感じや、問題を詰め込み過ぎている感じはあって、雑な部分はあります。でも決して駄作ではないのが悔しいところで、時間があれば見てもいい感じです。
OPENLOAD (2016年1月16日) 
大作「アルマゲドン」に乗っかった作品シリーズ。シリーズといっても、関連性はなく、他人の空似です。しかも、原題は別モノなので、日本配給側が勝手に名前を付けているだけ。前から思っていたのですが、怒られないのでしょうかね。アルマゲドンって商標登録とかしていないのかな。さすがにこの「2013」をオリジナルだと思って鑑賞してしまううっかりさんはいないと思いたいですが。もしかしたら事故がどこかで起こっているかもしれないな…。
STREAMANGO (2016年1月27日) 
午後ローが前後篇に分かれているTVムービーを無理矢理やってやれというノリでごちゃっと一本にしてしまいましたシリーズ(?)第三弾。意を決して視聴しないといけないのが欠点ですが、完全版という堂々とした題名に恥じない出来を期待して見てみましょうか。原子力兵器はやっぱり使ってしまうアメリカの手癖の悪さと、科学考証を全力でどぶに捨てている潔さは、私は支持してますよ。と思ったらカナダ映画なんですね。あれっ、バカにしてる?

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)