の・ようなもの のようなもの

動画『の・ようなもの のようなもの』を無料視聴

森田芳光監督のデビュー作映画、その後が語られる

原題:の・ようなもの のようなもの
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年1月16日
上映時間:95分
製作会社:FILM
配給:松竹
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.1 / 5.0
Yahoo!映画 3.32 / 5.00
Filmarks 3.4 / 5.0

★【あらすじ】
2011年に急逝した森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(1981)のその後を描くオリジナル作品。東京の下町。落語家一門の出船亭に入門した志ん田は、「小学生が国語の教科書を読んでいる」ような落語で上手くいっていなかった。そんなとき師匠の志ん米から、かつて一門に在籍していた志ん魚を探してほしいと頼まれる。志ん米は、一門のスポンサー的存在で、志ん魚を贔屓にしている女性会長のご機嫌をとるため、もう一度志ん魚を高座に引っ張り出そうと考えていた。志ん田は、師匠の弟弟子である志ん水や昔の門下生を訪ね歩いて手がかりを集めようとするが…。

★【スタッフ】
監督:杉山泰一(関連作品:『真夏の方程式』)
脚本:堀口正樹
撮影:沖村志宏
音楽:大島ミチル

★【キャスト】
松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、尾藤イサオ、でんでん、野村宏伸、鈴木亮平、ピエール瀧、内海桂子、鈴木京香、佐々木蔵之介、塚地武雅、笹野高史

【無料動画】

映画『の・ようなもの のようなもの』予告篇

映画『の・ようなもの のようなもの』予告篇

(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【雑学(トリビア)】
・第28回東京国際映画祭のパノラマ部門に出品された。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月26日) 
脱サラし落語家を目指すしがない男が、一門のピンチを脱するためにかつて離反した元兄弟子を探すお話。おそらくなんかイマイチだったなという人の大半は「の・ようなもの」を観ていない。それはこの作品特有のクセを理解したうえで見るというステップをすっ飛ばしているからわからないのも当然だ。ノスタルジックな街並みというただの感傷に浸る映画ではないのだ。であるからして、この作品の魅力はセットでこそ光るものであり、前作も必見だ。
BILIBILI (2016年1月27日) 
森田監督常連の豪華俳優陣が脇でいっぱい出てきて、それだけでも楽しいし嬉しいしで頭がハッピーでいっぱい。松山ケンイチの生真面目だけど抜けてるキャラクターが抜群に上手い、というか当人のポテンシャルが最大に発揮されるのがこういうキャラなんだと思う。ポロシャツに斜めがけが似合い過ぎる。間宮兄弟の夕美そのままの北川景子も凄く良くて、はっちゃけ娘がハマってて可愛い。全体的にほっこりできた素晴らしい作品で大満足。
DAILYMOTION (2016年1月28日) 
これは名監督の意思を継いだバトンタッチ続編である。その点を踏まえてのこちらも鑑賞に臨んだ。前作から時が流れ、志ん米は成長して師匠になり、志ん魚は落語を退いた。志ん魚を復帰させることを、志ん米に命じられ奔走する志ん田。人に必要とされることって、嬉しいことなんだと改めて気がつく瞬間の喜び。傑作「のようなもの」の35年後の続編はとくに肩ひじを張らず、背伸びをしないつくりで、本当に良かった。これぞ邦画の良さである。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)