天空の蜂

原発を廃棄しなければ原発にヘリを落とす!

原題:天空の蜂
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年9月12日
上映時間:138分
製作会社:
配給:松竹
製作費:
興行収入:10.8億円

ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間のドラマを描いた。95年8月8日、自衛隊用の最新大型ヘリコプター「ビッグB」が何者かにより遠隔操作されて動き出し、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止する。犯人は「天空の蜂」と名乗り、国内すべての原発を廃棄するよう要求。従わなければ爆発物が搭載された「ビックB」を原発に墜落させると宣言する。「ビッグB」を開発した設計士の湯原と、原発の設計士・三島は、事件解決のために力を尽くすが…。

★【スタッフ】
監督:堤幸彦
脚本:楠野一郎
撮影:唐沢悟
音楽:リチャード・プリン

★【キャスト】
江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、石橋蓮司、竹中直人、向井理、佐藤二朗、光石研、落合モトキ、やべきょうすけ、手塚とおる、永瀬匡、石橋けい、松島花

【無料動画】

映画『天空の蜂』予告編

映画『天空の蜂』予告編

(C)2015「天空の蜂」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
原作にはなかったというあのラストシーンに対して、恐らく見る人によって様々な思いがあるのでしょう。「すごくリアルに現代社会をばっさり斬っているかのようだけど実はただのエンターテイメント」っていう映画の方が散乱している世の中。だから私はあのラストシーン含めて1つの映画として良かったと思います。「ただのそういうエンターテイメント」から少しずれたというか。本当に核心に迫るような具体的な現実を少し受け取れた気がします。
BILIBILI (2016年1月19日) 
演技がいつの時代だというくらい大袈裟すぎではと思うところがありましたが、テーマが明確で、その古さもまた味かなと思います。安易なメッセージを発信するプロパガンダではなく、ちゃんとサスペンスとして作ってありますし。昨今の原子力発電を取り巻く環境は複雑で、様々な意見があるのは百も承知。この映画で描かれる現場の技術者の皆さんの真摯さは決して嘘ではないでしょう。堤監督作は毎回人を選びますが、今回も相変わらずですね。
PARAVI (2016年1月27日) 
単なる原子力発電所でのテロ事件というだけでもとんでもない一大事だが、この映画ではそれに加えて大型の無人ヘリがのっとられてしまうというオマケまでついてくる。そのため、リアリティは完全に度外視という感じだ。なのでツッコむのはやめた方がいい。技法や演出はさておき、作り手のこうしたいという情熱はガンガン伝わってくるし、1995年の小説の映画化をしっかり311以降にバージョンアップしているのも素晴らしい仕事だっただろう。