バットマン:キリングジョーク

動画『バットマン:キリングジョーク』を無料視聴

バットマン:キリングジョーク

原題:Batman: The Killing Joke
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2016年8月(DVDスルー)
上映時間:76分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 53%

【あらすじ】
アーカム精神病院から脱獄した凶悪犯罪者ジョーカーは、ゴードン警察本部長を拉致し、娘のバーバラに十字砲火を浴びせ、バットマンに心理戦をしかける。この最悪の一日、いったいどこまで正気を保てるのだろう…。ジョーカーを狂気に駆り立てる知られざる過去とは…?

【スタッフ】
監督:ブルース・ティム、サム・リウ
脚本:ブライアン・アザレロ

【キャスト】
ケヴィン・コンロイ、マーク・ハミル、タラ・ストロング

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2016年8月30日) star_5
正直言うとあまり観る気がしなかった作品である。原作はバットマンのコミックのなかでも1、2を争うくらいに有名な、そして秀逸な作品として評価され、個人的にあれはもう当初のコミックのままで完璧だと考えていて、ブライアン・ボランドがのちに色を塗りなおしたバージョンも邪道だと思うくらいなので、アニメ化などもってのほか。しかしプロデューサーはブルース・ティムで、ケヴィン・コンロイとマーク・ハミルがそれぞれバットマンとジョーカーの声をあてるという、「Batman: The Animated Series」の黄金のメンツが戻ってくるとなれば鑑賞せずにはいられなかった。
名無しさん(2016年8月30日) star_5
この作品に対する期待値をあげる要因として、この作品は本国ではR18指定を受けている、ということです。本国でR18指定を受けていれば、この作品はとてもバイオレントでダークな一本になることは間違いない、と期待ができます。つまり、実写映画のバットマンとは比べものにならないほどハードでバイオレンスな作品になっているのです。ジョーカーとバットマンは両者とも狂気に触れ、犯罪・人殺しという一線を越えたのがジョーカー、一線は越えず正義でありながらも闇であるというバットマン。この両者の対立が見事に表現されているのも見どころです。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。