スパイダーマン(2002)

大人気「スパイダーマン」実写第1作

原題:Spider-Man
製作:アメリカ(2002年)
日本公開日:2002年5月11日
上映時間:121分
製作会社:Marvel Enterprises
配給:SPE
製作費:1億3900万ドル
興行収入:8億2100万ドル
次作:『スパイダーマン2

★【評価】
89% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
世界中で愛されてきたアメリカン・コミック・ヒーロー、スパイダーマンを、VFXを駆使して描いたSFアクション。幼くして両親を失ったピーター・パーカーは、伯父夫妻に引き取られ、NY郊外のクイーンズに暮らしていた。幼なじみの同級生メリー・ジェーンに密かに思いを寄せつつ、化学の勉強に精を出す日々。そんなある日、遺伝子を組み換えたスーパースパイダーに刺されたピーターは、身体に異変が起きはじめ、強靭な肉体と蜘蛛のような特殊能力を持つようになる。高校卒業後、カレッジに入学したピーターは、親友ハリーとマンハッタンで共同生活を開始するが…。

★【スタッフ】
監督:サム・ライミ
脚本:デビッド・コープ
撮影:ドン・バージェス
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト】
トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ウィレム・デフォー、ジェームズ・フランコ、J・K・シモンズ、ローズマリー・ハリス、クリフ・ロバートソン、ビル・ナン、エリザベス・バンクス、テッド・ライミ、ジョー・マンガニエロ、ロン・パーキンス、スタンリー・アンダーソン

【無料動画】

Spider-man (2002) – Trailer

Spider-man (2002) - Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月11日) 
劇場版スパイダーマンの記念すべき1作目は、ヒーロー映画大量生産時代の幕開けを告げる花火のような作品になりました。確かに今の時代で観ると、映像技術が古臭く感じてしまうし、いろいろ難点もあるでしょうが、でもこれがアメコミ映画の原点という意味でも、歴史的視点で楽しめると良いでしょう。多種多様な役者がこのスーパーヒーローを演じてきましたが、トビー・マグワイアの演技も味があっていいですよね。誰が良いか論が盛り上がります。
SPACEMOV (2016年1月14日) 
全体のまとまりは良く、派手なアクションもあり、ロマンスもあり、バランスがいい。この平均点の高さは今のアメコミ映画では普通かもしれないが、この成功がなければ他のアメコミ映画がなかったかもしれないと思うと凄い偉業である。シリアスさに重点を置かず、コメディタッチでグイグイ引っ張っていくのも良くて、理想的な配分だと思う。スーパーヒーローに不可欠なスーツの誕生経緯などは、他の作品でネタにしているのでそちらでぜひ。
DAILYMOTION (2016年1月18日) 
最高のキスシーンに注目。マネしようと思ってもあれは難しいけど。アメコミムービーは人を選ぶかもしれないですが、こういう恋愛面も充実しているので広く親しめる作品になってます。摩天楼を舞台にシームレスなダイナミックアクションの気持ち良さといい、上下の空間を駆使した活躍も当時は新鮮でしたね。絶対に再現不可能と言われていた実写化を、当時のCG技術を結集し見事に成功させた製作者のパワーは今でも歴史に残る偉大な功績ですね。

★【おすすめの関連作】
・『アメイジング・スパイダーマン
・『スパイダーマン ホームカミング

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)