少女(2016)

「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望を持ってしまった少女たち

「告白」などの人気作家・湊かなえの同名小説を、本田翼&山本美月主演で映画化。三島有紀子監督がメガホンをとり、「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望を抱える2人の女子高生がそれぞれ過ごす夏休みを描く。高校2年生の由紀と親友の敦子は、夏休み前に転校生が親友の死体を見たと話すのを聞いて以来、自分も人の死を目撃してみたいと思うように。そこで由紀は小児科病棟でボランティアをはじめ、余命わずかな少年たちと仲良くなって自らの欲望を満たそうとする。一方、陰湿ないじめに遭い生きる希望を失いかけていた敦子は、誰かの死を見れば生きる勇気を取り戻せるのではないかと考え、老人ホームでボランティアをするようになる。

原題:少女 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年10月8日 / 上映時間:120分 / 製作会社: / 配給:東映

★【スタッフ】
監督:三島有紀子(関連作品:『繕い裁つ人』)
脚本:松井香奈、三島有紀子
撮影:月永雄太
音楽:平本正宏
主題歌:GLIM SPANKY

★【キャスト(キャラクター)】
本田翼(桜井由紀)、山本美月(草野敦子)、真剣佑(牧野光)、佐藤玲(滝沢紫織)、児嶋一哉(小倉一樹)、菅原大吉、川上麻衣子、銀粉蝶、白川和子、稲垣吾郎(高雄孝夫)

【無料動画】

映画『少女』予告編

映画『少女』予告編

(C)2016「少女」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●湊かなえ(原作者) 
脚本は事前に読んでいましたし、撮影現場にも見学に活かせていただきましたが、そこからイメージしていた以上に、本当に素晴らしい映画に仕上がっていて、この『少女』という作品は、とても幸せな作品になれたなと感動しました。
●映画の無料動画で夢心地(2016年11月11日) 
集団では同調心理が発生する。会社でも国家でも同様に、とりあえず他人に合わせていこうという考えだ。女子高生の仲良しグループも例外ではなく、仲良しグループから外れるとどんな目に遭うかわからないという相互的な恐怖心から同一化していく。「あいつ、うざくね?」と誰かが言えば、その途端にいじめがはじまる。これは日本中のいたるところで起きている。日本は大小のムラの集合体なのだ。そんな恐怖を視覚的に描いたような不安な一作だ。
●BILIBILI (2016年11月14日) 
終始気味が悪い感じがツボ。最後の方の青春映画?ってくらいのキラキラさえも、これは皮肉と捉えることもできる。俳優に関しては人を選ぶ。中二病による痛い台詞や表情を惜しげもなく見せつける本田翼は本当に顔が整ってるからこそ成り立つギリギリだ。今作はそういうキャラという演出なのでセーフになっているが、出来れば彼女はキラキラ輝く青春ラブストーリー専門で頑張っているほうがみんなのためかもしれない。本作はハードルが高かった。