オーバー・フェンス

誰もがその場所から飛び立てると信じていた

原題:オーバー・フェンス
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年9月17日
上映時間:112分
製作会社:
配給:東京テアトル
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」の原作者・佐藤泰志の芥川賞候補作を、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太ら豪華キャスト競演で映画化。山下敦弘監督がメガホンをとり、原作者が職業訓練校に通った自身の体験を交えてつづった小説をもとに、それぞれ苦悩を抱える孤独な男女が共に生きていこうとする姿を描き出す。妻に見限られて故郷・函館に戻った白岩は、職業訓練校に通いながら失業保険で生計を立て、訓練校とアパートを往復するだけの淡々とした毎日を送っていた。そんなある日、同じ訓練校に通う代島にキャバクラへ連れて行かれた白岩は、鳥の動きを真似する風変わりなホステス・聡と出会い、どこか危うさを抱える彼女に強く惹かれていく。それはこれまでの退屈で変わり映えしない人生において、ひとつの刺激となっていく存在であった。しかし、彼女にも人生はあって…。

★【スタッフ】
監督:山下敦弘(関連作品:『味園ユニバース』)
脚本:高田亮
撮影:近藤龍人
音楽:田中拓人

★【キャスト】
オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島真之介、松澤匠、鈴木常吉、優香、塚本晋也

【無料動画】

映画『オーバー・フェンス』特報

映画『オーバー・フェンス』特報

(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●呉美保(監督) 
男が女を包み込んだ瞬間、血液が身体中を激しくめぐり、涙があふれました。大切なひとと何度でも見たい映画です。
●稲塚秀孝(監督) 
私たちの胸をえぐる“暴力性”がそこにある、映画だ。
●映画の無料動画で夢心地(2016年10月11日) 
オチというかまとめ方はなるほど、という感じでカタルシスまでのテンションの上がり方はいかなかったけど、それでも役者さんの演技が極限までに上手いので、最後まで観ることができるという映画に仕上がっています。蒼井優ののびのびとした開放的な存在感とか、どうやって生み出しているのか、本当に謎。オダギリジョーも満島真之介も松田翔太も北村有起哉も他の役者陣、全員が最高に魅力を発揮するからこそのまさに人間ドラマという完成度でした。
●DAILYMOTION (2016年10月16日) 
人生のホームラン、一度でいいから打ってみたいです。人間が生きていくだけなら、食って寝れれば自分の殻に閉じこもっててもいいわけだけど、それは心臓が動いているだけであり、それだけだと生きがいもないし人生は灰色で寂しい。結局はどこかで自分のフェンスを飛び越える瞬間が求められるし、そこに到達したときに自分がどんな行動をとれるかというのが重要。そのドラマを再現してみせたキャストの皆さんは本当に素晴らしく、心を奪われました。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)