ソング・オブ・ラホール

異色の組み合わせが音楽を超えた絆を生む

原題:Song of Lahore
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年8月13日
上映時間:82分
製作会社:
配給:サンリス、ユーロスペース
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 100%

パキスタン伝統音楽とビッグバンドジャズの共演を追った音楽ドキュメンタリー。かつては芸術の都だったパキスタン・イスラム共和国のラホール。タリバンによって音楽を禁じられ、世間から忘れ去られてしまった音楽家たちが自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、ジャズに挑戦する。伝統楽器による彼らのジャズカバー映像はアクセス数100万を超え、トランペット奏者のウィントン・マルサリスの目に留まった彼らはニューヨークへ招かれる。リハーサルでは両者うまくかみ合うことができなかったパキスタン伝統音楽とジャズマンたち。そして、ついに本番の幕が開く。

★【スタッフ】
監督:シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
撮影:アサド・ファールーキー

★【キャスト】
ニジャート・アリー

【無料動画】

「ソング・オブ・ラホール」予告編

「ソング・オブ・ラホール」予告編

(C)2015 Ravi Films, LLC


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年9月10日) 
予想外に素晴らしい作品だった。戒律による音楽の禁止に、宗教的対立でいつ自らの身に何が起こるか分からない恐怖。そんな中で、消え逝く伝統音楽を残していこうとする健気な想い。ドキュメンタリーだから余すところ無く描かれている。本場のミュージシャンを前にしての、リハーサルでのドタバタ劇等のハプニングは「何もそこまで映さんでも」との思い、だからこその本番での演奏場面は、観客にこれ以上ない爽快感を味あわせてくれる。
映画フリー (2016年9月17日) 
ジャズは好きだけど、パキスタンジャズは寡聞にして知らなかったのでまずその存在に驚いた。イスラーム化されたパキスタンしか知らなかったので、それ以前のパキスタンの芸術の歴史の一部を知れただけでも興味深かったし、もちろんその演奏も素晴らしかった。元々好きだったタブラと、初めて聴いたものでは特にバーンスリーの演奏が印象的。苦しい生活の中立ち上がる勇気とニューヨークで演奏する姿に感動! ライブにも行きました。
OPENLOAD (2016年9月18日) 
音楽を聴いて涙を流すことって少ないですが、このドキュメンタリーのコンサートシーンに流れるJAZZに涙し鳥肌が立った。こんな経験は久しぶり。途中までは音楽の途中でインタビューが入ったり、淡々と進んだりでイマイチなドキュメンタリーだなと思っていました。しかしジャズバンドとの対立を超えたコンサートでは、音楽を楽しむ彼らの笑顔! クラリネットと竹笛のやり取りなんかはゾワゾワして、思わず叫びそうになりました。
STREAMIN (2016年9月19日) 
「パキスタン人はテロリストじゃなく芸術家であることを知ってほしい」という名ゼリフが印象的。タリバンの影響下、音楽を抑圧されてきた困難な時代を通しても、伝統を守るため、夢を諦めないため、そして音楽が本当に好きだから続けてきた彼らの勇気に感動した。まるっと三曲ほど聞かせてくれる最後のライブはスタンディングオベーションものの圧倒的な出来。演奏を安易にカットする音楽ドキュメンタリーは見習ってほしい。