レクイエム・フォー・ドリーム

麻薬の恐怖を描く衝撃映像

テレビを見るのが何より楽しみな中年未亡人サラは、ある日テレビ番組への出演依頼の電話を受け、お気に入りの赤いドレスでテレビへ出るためダイエットを始める。一方、息子のハリーは恋人マリオンとのささやかな夢を叶えたいと麻薬売買に手を染める。季節が変わり、赤いドレスが着られるようになったサラはダイエット薬の中毒に、麻薬の商売がうまくいかなくなったハリーとマリオンは自らがドラッグの常用者となっていた…。

原題:Requiem for a Dream / 製作:アメリカ(2000年) / 日本公開日:2001年7月7日 / 上映時間:102分 / 製作会社:Thousand Words / 配給:ザナドゥー

★【スタッフ】
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ヒューバート・セルビー・Jr.、ダーレン・アロノフスキー
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:クリント・マンセル

★【キャスト】
ジャレッド・レト、エレン・バースティン、ジェニファー・コネリー、マーロン・ウェイアンズ、クリストファー・マクドナルド、ルイーズ・ラサー、キース・デヴィッド、ショーン・ガレット、ディラン・ベイカー、ピーター・マローニー

【無料動画】

Requiem For A Dream – Trailer

Requiem For A Dream - Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 78%

第73回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
いろんなドラッグムービーが山積していますが、この作品が一番トリッキーでキャッチーだという意味でも好きかもしれない。依存性の表現の仕方とか躍動感のあるカット割りもファッション味のある映像が加わって良い。ドラッグに対するメッセージ性はもちろん聴き心地のいい音楽とテンポの良い印象に強く残る展開があるから作業用として視聴するのもオススメ。鬱気分にはさせない特異な映画として際立つユニークな作品なのでぜひ見てほしい。
●映画フリー
安易な動機からヘロインに手を染める人たちの壮絶な世界。この作品は2001年の映画だが、今でもドラッグは問題になり続けている実情を見ても、この麻薬は「魔薬」と表現するべきなくらい人を虜にする力があるのでしょう。この作品は、麻薬はダメですよという教育的な素材に使うには、精神の崩壊、暴落の描写が凄まじいので、インパクトが強すぎるが、これほどしないとダメなのかもしれない。間違いなく映画史上最悪のラストの一つであろう。
●DAILYMOTION 
2009年の英国映画雑誌エンパイアの「落ち込む映画」第1位に選ばれた作品です。ドラッグなんて自分には関係ない。そう思っている人こそ、この薬にハマっていく危険性を抱えていることを知るべきでしょう。ドラッグに溺れていくハリー、マリオン、タイロン、サラ。彼ら4人が絶好調から一転して崩壊していくのは、日常がいとも簡単に消えることを意味している。薬物乱用という形で怪物化してしまった承認欲求。そんな欲望は現代にもありますから。