ディスクローザー

動画『ディスクローザー』を無料視聴

ディスクローザー

原題:Felony
製作:オーストラリア・アメリカ(2013年)
日本公開日:2016年2月20日
上映時間:105分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 74%

【あらすじ】
俳優ジョエル・エドガートンが主演・脚本・製作を手がけたクライムサスペンス。有能な刑事マルは事件解決を祝って同僚たちと酒を酌み交わすが、その帰り道に飲酒運転で自転車に乗った子どもをはねてしまう。マルは自らの罪を隠蔽するため、発見者のふりをして通報。赴任してきたばかりの若い刑事ジムはマルの様子に違和感を覚え単独で捜査に乗り出すが、上司のカールから止められてしまう。

【スタッフ】
監督:マシュー・サビエル
脚本:ジョエル・エドガートン
撮影:マーク・ウェアハム

【キャスト】
トム・ウィルキンソン、ジョエル・エドガートン、ジェイ・コートニー、メリッサ・ジョージ

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2016年3月10日) star_5
最愛の息子をなくした母はそのことにただ悲しむだけ。しかし、当事者にしたら、真実を公にするかどうかは、その後の人生を左右する問題。老刑事が言ったように、時が飲み込んでしまうこともあるかもしれない。ただこの主人公はそうはならないだろう。内容的には目新しさはない、優秀な刑事が自らの罪を隠蔽したことから良心の呵責に苛まれる作品ながら、俳優陣の名演でグイグイ引き込まれました。余韻を残すラストですが、説明不足な点が多く好き嫌いが分かれるかもしれません。
名無しさん(2016年8月13日) star_5
飲酒運転で子供をはねてしまった刑事。運が悪かっただけで、悪い人じゃないから葛藤しまくりでつらいね。三人の刑事の対比も見事かな。ラストの展開もよかった。刑事が主役の映画ながら、はじめの方に少しあるだけでアクション・シーンはありません。本作の見所は、主人公マルが被害者の少年の見舞いに行った病院での少年の母親との会話シーン。この謙遜とも弁解ともとれる一言によって母親は全てを察し、表情がサッと変わる。見事な台詞と演技、これだけで観る価値はあったと思いました。ありきたりの結末にしなかったのも好感が持てます。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。