アイム・ノット・ゼア

ボブ・ディランの実像にせまる

原題:I’m Not There
製作:アメリカ(2007年)
日本公開日:2008年4月26日
上映時間:136分
製作会社:Endgame Entertainment
配給:ハピネット、デスペラード
製作費:
興行収入:

★【評価】
76% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
ケイト・ブランシェット、ヒース・レジャー、リチャード・ギア、クリスチャン・ベール、ベン・ウィショーら6人の豪華キャストが、伝説的アーティスト、ボブ・ディランをそれぞれ異なった角度から演じるという話題作。自らを“アルチュール・ランボー”と名乗る象徴派詩人“ウディ・ガスリー”という名の11歳の黒人少年社会派フォークを歌う新進シンガーソングライター/ゴスペルを歌う教会の牧師ハリウッド・スター/偽りの結婚生活華麗なるロックンロール・スター西部開拓時代のアウトローそれぞれ名前も年齢も異なる6人のディランがくり広げる6人の物語。やがて明らかになる謎に包まれた伝説のアーティスト、ボブ・ディランの実像とは…。

★【スタッフ】
監督:トッド・ヘインズ
脚本:トッド・ヘインズ、オーレン・ムバーマン
撮影:エドワード・ラックマン

★【キャスト】
クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー、シャルロット・ゲンズブール

【無料動画】

アイム・ノット・ゼア

アイム・ノット・ゼア


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日) 
6人の役者がボブ・ディランの6つの顔を描くという、このアイディアからも、本作が俺・私流のディラン語りをしまくるものなのは伝わるだろう。ディランやその時代の音楽やアーティストに精通してこそ、楽しめる一作なのでハードルは高いが、見ごたえはあるし、それぞれの自己満足的なファン愛を聴いているのは、ファン交流会の語り合いのようで幸せなひと時を味わえるでしょう。ケイト・ブランシェットのイケメンっぷりもクールすぎる。
SPACEMOV (2016年1月21日) 
ボブ・ディランの大ファンですが、ジョン・レノンと同様に伝記映画を作るのが難しい世界的大物ミュージシャンではないかと思います。皆の中にディランがいますからね。だからこそ6人に演じさせるのです。6人の中で優れているのはケイト・ブランシェット。彼女が演じているのはディランがフォーク歌手からロックバンドを率いていた頃。型通りの伝記映画として観ると痛い想いを食らうかもしれないが、ディランの半生を知るには良い素材です。
DAILYMOTION (2016年6月22日) 
これはディランという人間の精神から光沢と汚濁を混ぜ合わせた神々しいプリコラージュであり、それを体現した6人の俳優による絶妙な演技合戦である。中でもフォークからロックへ転向した直後の時期を模倣したケイト・ブランシェット様の男装は最初気付かないほどハマっている上に、観客さえも狂わすトリック・スターとしての色気が充満する。「歌詞の無意味さこそ崇高なのに」なんて気取った台詞にさえも恍惚と痺れてしまう最高の時間だ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)