海月姫(実写映画)

動画『海月姫』を無料視聴

我がオタク人生をかけて出陣であります

原題:海月姫
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年12月27日
上映時間:126分
製作会社:
配給:アスミック・エース
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
テレビアニメ化もされた東村アキコの人気コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化。幼いころからクラゲに憧れて生きてきたオタク女子・月海は、男を必要としない人生を目指すオタク女子集団「尼~ず」が暮らす男子禁制のアパート「天水館」で、それなりに楽しい毎日を送っていた。ある日、行きつけのペットショップでひとりの美女と出会った月海は、その正体が女装趣味のイケメン・蔵之介であることを知る。月海の心配をよそに、蔵之介は自分が男であることを隠して天水館に出入りするように。そんな中、尼~ずの心の拠り所である天水館が、土地再開発による取り壊しの危機に陥り…。

★【スタッフ】
監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉、川村泰祐
撮影:福本淳
音楽:前山田健一

★【キャスト】
能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、池脇千鶴、馬場園梓、太田莉菜、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、平泉成、内野謙太

【無料動画】

映画『海月姫』予告編

映画『海月姫』予告編

(C)2014『海月姫』製作委員会(C)東村アキコ/講談社


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2018年1月12日) 
キャスティングが秀逸。やはり「のん」が一番のベストアクターであるのは声を大にして言いたいところ。絶妙に醸し出されるダメな感じや、どうしようもないズボラな存在感。わざとらしくなく素で演技できるのは彼女だけ。他だとどうしても美人な女優が無理してオタクっぽくなろうとしているのが見え見えだったりする。キャラクターひとりひとりの豊かで自由な表情にぐいぐい引き込まれるうえでの中心人物としてしっかり機能しているのでした。
BILIBILI (2018年1月13日) 
この役のために体重を絞ったという菅田将暉が美しい。こういう役に対して本当にハマってます。まやや役の太田莉菜がモデルになった瞬間キリリとした表情になって流石だなと思ったりも。長谷川博己が能年玲奈を好きになる設定は流石に年の差がありすぎて無理すぎでは?と感じたのだけど、原作を読むと再現できているのですね。それにしてもなんで今さらドラマにしたのかと。この映画があるのに。そんなにネタぎれなのですか? TV局さんは。
DAILYMOTION (2018年3月14日) 
ドラマと比べるとやはりこちらの劇場版のほうがなにかと地味に感じます! 時代の問題ですかね。ただ、主人公の月海はこちらの能連玲奈のほうが可愛いと感じました。これはもう女優のマッチングの問題です。この映画のお楽しみポイントは、菅田将暉という自ら素材になっていく男優の女装の完成度の高さかと思うのですが、ほんとに骨格から女性的で、ほっそいし、あんなきれいな顔立ちの男の子が、この世にはおるのですか! けしからんな…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)