J・エドガー

動画『J・エドガー』を無料視聴

原題:J. Edgar
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2012年1月28日
上映時間:138分
製作会社:Imagine Entertainment
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:3500万ドル
興行収入:8400万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 43%

★【あらすじ】
FBI(アメリカ連邦捜査局)の初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の半生を、クリント・イーストウッド監督とレオナルド・ディカプリオの初タッグで描くドラマ。1924年、FBIの前身である捜査局BOIの長官に任命され、35年にFBIへと改名した後も、72年に他界するまで長官として在任したJ・エドガーは、カルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで8人の大統領に仕え、FBIを犯罪撲滅のための巨大組織へと発展させていった。しかし、多くの功績を残した一方で、時に強引な手腕が物議をかもし、その私生活は謎に包まれていた…。

★【スタッフ】
監督:クリント・イーストウッド(関連作品:『ヒア アフター』、『インビクタス 負けざる者たち』)
脚本:ダスティン・ランス・ブラック(関連作品:『ミルク』)
撮影:トム・スターン

★【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、ダーモット・マローニー、エド・ウェストウィック、デイモン・ヘリマン、ジェフリー・ドノヴァン、ケン・ハワード

【無料動画】

映画『J・エドガー』予告編

映画『J・エドガー』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年1月12日) 
FBIの初代長官の半生を描くイーストウッド監督作品。高齢となった長官が、新人だった1920年頃からの自分の功績を振り返っていく構成。共産主義を毛嫌いし差別的で過激な発言をする主人公で、かなりの我の強い人物だけど、映画の視点は割とあっさりして見やすい。米国の時代の流れを感じられ、鑑賞後の後味も良かった。ディカプリオ主演映画はやっぱり外れない。あと老けメイクが素晴らしく、見事な役者魂を見せてくれるのもあっぱれで感心。
OPENLOAD (2016年2月7日) 
日本人が知っているようでイマイチ理解はしていないFBI。その設立にはとんでもない男が関わっていた。その人物に焦点を当てたのがこの映画。ディカプリオはインタビューで、本作は、権力が如何に現れ衰退していくかを描いている、と述べています。本作では、フーバーがどのように権力を掌握し、手放していくのかが、史実的に映し出されます。これを観ると永遠に続くパワーなど存在しないことがわかります。たとえ功績があっても消えるのです。
DAILYMOTION (2016年2月9日) 
FBI長官を長年務めたJ・エドガー・フーヴァーをディカプリオが熱演。若きフーヴァーと老いたフーヴァーの物語を交錯させながら、自然に観客に物語を理解させていくイーストウッド監督の手腕には脱帽。アメリカの歴代大統領たちとのやりとりの合間にも、当時の映画や映画人(シャーリー・テンプル)を織り交ぜるあたりも、イーストウッド的で好感が持てる作品になっています。マザコンでゲイな側面を醸しだしつつ、複雑な男に迫る名作です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)