駆込み女と駆出し男

痛快時代劇も、大泉洋におまかせあれ

原題:駆込み女と駆出し男
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年5月16日
上映時間:143分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案に、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督が初めて手がけた人情時代劇。舞台は江戸時代の鎌倉。幕府公認の駆込み寺・東慶寺には離縁を求める女たちがやってくるが、寺に駆け込む前に、御用宿・柏屋で聞き取り調査が行われる。柏屋の居候で戯作者に憧れる駆出しの医者でもある信次郎は、柏屋の主・源兵衛とともに、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けすることに。

★【スタッフ】
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
音楽:富貴晴美

★【キャスト】
大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月華、神野三鈴、宮本裕子、松本若菜、円地晶子、玄里、武田真治、北村有起哉、中村育二、山崎一、麿赤兒、キムラ緑子、木場勝己、高畑淳子、橋本じゅん、井之上隆志、山路和弘、でんでん、中村嘉葎雄、樹木希林、堤真一、山崎努

【無料動画】

『駆込み女と駆出し男』予告編

『駆込み女と駆出し男』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年4月10日) 
ご存知、大泉洋でございます。北海道のローカル俳優から日本トップクラスの俳優へ、誰がこんな躍進を想像しただろうか。しかしながら、その全く嫌味のない絶妙なバランス感覚と多彩なカメレオン演技っぷりを見れば、これは役者として伸びるのは当然だと思わせるパワーがある。おそらく大泉洋と肩を並べるような同じ立ち位置の俳優がおらず、完全に独壇場になっているところさえある。その点、この映画はまさに大泉洋劇場である。縦横無尽に駆け回るこの男に観客は夢中になること間違いなし。
シアターさん(2016年5月20日) 
時代劇としてはかなり独特のテンポとセンスが詰まっています。なので最初見たときはかなり戸惑いました。謎のスピード編集カット、方言を盛り込みまくったマシンガン的トーク、展開がとにかく早いです。一方でそれ以上にその怒涛の速度についていって場を掌握さえする役者陣の技量がとにかく凄い。観客も巻き込んでこの世界観に一気に引っ張っていってくれるので、あまり気を張る必要はないんですね。原田眞人監督の卓越したテクニックがあっぱれに輝いた傑作の誕生でした。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)