テレーズの罪

動画『テレーズの罪』を無料視聴

テレーズの罪

原題:Therese Desqueyroux
製作:フランス(2012年)
日本公開日:2015年11月(DVDスルー)
上映時間:110分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
ノーベル賞作家フランソワ・モーリアックの同名小説を、オドレイ・トトゥ主演で映画化。1920年代のフランス南西部。政略結婚によってデスケルウ家の当主ベルナールの妻となったテレーズは、愛のない結婚生活や堅苦しい家族制度に息苦しさを感じはじめる。やがてテレーズは、親友でもある夫の妹アンヌが若い青年と恋に落ちたことに刺激され、現在の生活から逃れたいという思いを募らせていく。

【スタッフ】
監督:クロード・ミレール
脚本:クロード・ミレール、ナタリー・カルテール
撮影:ジェラール・ド・バティスタ

【キャスト】
オドレイ・トトゥ、ジル・ルルーシュ、アナイス・ドゥムースティエ

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2015年12月10日) star_5
20世紀初頭、フランス。お家存続のため、損得勘定だけで結婚が決められる時代。お互い、家の為と割り切って結婚したはずなのに…。人間は、そんな簡単な生き物ではなくて、頭でわかっていても、心がわかっていない。テレーズの心の中に、歪みができてしまう。一生この単純亭主と、生きていかなければならないのか…。私の人生、こんなにも、むなしいのかって…少しずつ蓄積された邪悪なものが、ある日突然、殺意に変わる。
名無しさん(2015年12月13日) star_5
繊細でアンビバレントなヒロインをオドレイ・トトウが好演してました。登場人物が全般的に煮え切らないというかはっきりしない造形でもどかしい感じがするのですが、却ってそこがある意味陰影となっていてうまい演出だと思いました。原作はモーリアックの小説です。これでノーベル文学賞をとっています。原作はもっと書き込まれていてテレーゼがなぜあの行動をとったのかがもう少しわかるようになっています。映画ではこの部分が結構薄まっているんですが、それなりに丁寧に伏線は張られています。事件の後の登場人物の心の揺れなどもうまく表現されていたと思います。秀作です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。