俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク

著名人が総出演! 熾烈な視聴率バトルが放送開始

原題:Anchorman 2: The Legend Continues
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2014年5月(DVDスルー)
上映時間:113分
製作会社:Apatow Productions
配給:パラマウント・ピクチャーズ
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 75%

★【あらすじ】
個性的なニュースキャスターたちが巻きおこす騒動を、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレル、「40歳の童貞男」のスティーブ・カレルら人気コメディアン共演で描いた全米大ヒット作の第2弾。サンディエゴのローカルTV局で妻ベロニカと共に看板キャスターとして活躍していたロンは、上司からクビを言い渡されてしまう。そんな折、ニューヨークのニュース局からロンに誘いがかかる。かつての仲間たちを引きつれてニューヨークへと渡ったロンは、ライバルの人気キャスターたちと熾烈な視聴率バトルを繰りひろげる。

★【スタッフ】
監督:アダム・マッケイ
脚本:ウィル・フェレル、アダム・マッケイ
撮影:オリバー・ウッド
音楽:アンドリュー・フェルテンスタイン、ジョン・ナウ

★【キャスト】
ウィル・フェレル、スティーブ・カレル、ポール・ラッド、デビッド・ケックナー、クリスティーナ・アップルゲイト、ディラン・ベイカー、ミーガン・グッド、ジェームズ・マースデン、フレッド・ウィラード

【無料動画】

俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク

俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月5日) 
約10年ぶりの続編が、米国では興行成績で約1億ドルを超えた大ヒット作であり、でも、日本では劇場未公開となり…。つくづくウィル・ファレルのコメディは日本での扱いが低い。こんなに面白い顔しているのに。そして、この映画、良くも悪くも全く変わらない10年前のテンションには恐れ入るし、この人たち、年を取っているのかな。終盤、唐突に豪華過ぎるカメオ出演に身を乗り出す、あのハチャメチャさは一見の価値ありのトンデモバトルですよ。
OPENLOAD (2016年3月12日) 
キチガイ以外何者でもない4人組が、鑑賞者を裏切らないどころか常人には理解不能な猟奇的暴走を繰り広げるアホシリーズ第2弾。人種差別、男尊女卑、失言、蔑視、下ネタなどなどTV放送を行ううえで素人目線でも完全OUTな地雷原をほふく前進で転げ回るような、もう100回くらい死んでいる超怒涛の119分。ギャグがわからない? そんなもの知るか!と言わんばかりのご当地テレビネタの応酬は、完全に日本人は置いてけぼりをくらう。好きにして!
STREAMIN (2016年6月27日) 
笑ったら不謹慎な気がするネタとか、マジで意味不明な会話とか、正直あんま面白くない顔芸とか…。でもあまりにもゴリ押してくるから笑っちゃうんですよね。こいつら全員やばすぎるやつなんだと認識して、扉を開かれたらもうあっちのもんです。ここが笑いのツボだろうと暗示をかけられたようなものです。笑ったら負けじゃなくて、笑わなかったら負けです。マリオンコティヤールが、サッシャバロンコーエンが、あの人もこの人も、凄いぜ!

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)