ナイト・トーキョー・デイ

菊地凛子主演、孤独な殺し屋の女と妻を自殺で失ったスペイン人の男の恋

原題:Mapa De Los Sonidos De Tokio
製作:スペイン(2009年)
日本公開日:2010年9月11日
上映時間:98分
製作会社:Mediapro
配給:ディンゴ
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「エレジー」のイザベル・コイシェ監督が、菊池凛子を主演に描くラブストーリー。リュウは築地の魚市場で働きながら、裏で殺し屋家業に手を染めている孤独な少女。ある日、娘の自殺を嘆く実業家の手下から、娘の夫の暗殺を依頼される。

★【スタッフ】
監督:イザベル・コイシェ
脚本:イザベル・コイシェ

★【キャスト】
菊地凛子、セルジ・ロペス、田中泯、中原丈雄

【動画】

映画『ナイト・トーキョー・デイ』予告編

映画『ナイト・トーキョー・デイ』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2010年8月19日) star_5
普段目にしているはずの日常が、すごい新鮮に見えます。これぞ映画のマジックでしょうか。撮り方と音の使い方が非常に良い味だしてます。菊地凜子の演技がすばらしい。今まで全然注目してこなかったのですが、この映画で魅力に目覚めました。強さもあり、深みもあり、美しいし、愛らしさもあるし、良しです。個人的に好きな映画になりました。かなりマイナーになっていますが、こういう作品こそが意外に自分のマニアックな心にヒットするのです。
●映画フリー (2010年9月24日) star_5
菊池凛子ちゃんの好演が光りました。ドンピシャのホンキー・トンク・ウォマン、バシッとはまりましたね。イザベル・コイシュという監督さんの配役の妙だったと思います。凛子ちゃんを引き立てるためだけの他の役者陣、映像、アングル、トーン、などもまさにドンピシャ、凛子ちゃん演ずるリュウのはかなげで強くそれでいて弱い、まるで掴めない花びらのように移ろいやすい多感な女性の陰の部分を巧みに醸し出すことに見事に成功しています。
●STREAMANGO (2016年10月13日) star_5
「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェ監督が撮った、異国の人から見た東京。ロケーションひとつひとつが外人さんの視点で興味たっぷりに描かれています。ラブホとかね。どうしてもやっぱりこういう性の施設に興味を持つんですね。まあ、確かに海外にはないものなので目をひくのでしょうけど。女体盛りとか、いろいろたっぷりの日本の怪しい描写が満載なので、それにイチイチ目くじら立てない心の広い人向けなのは確かです。
●FANDANGONOW (2016年10月19日) star_5
菊地凛子主演は比較的珍しいので興味持ったのですが、映画自体はそれ以上に個性がインパクト特大でした。ちなみに押尾学が出演していましたが、例のとおりの大騒ぎの大失態を犯しましたから、日本版ではカットされています。クセのある映画ですが、第62回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映されてさらにフランス映画高等技術委員会賞を受賞するほどですから、評価してくれている人はいるので、マニア受けなのでしょうか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)