ワーキング・ホリデー

「EXILE」のAKIRA主演、不器用な親子の物語

「EXILE」のAKIRA主演で、親子の絆を描いたファミリードラマ。元ヤンキーで新宿歌舞伎町のホストクラブで働く沖田大和の目の前に、ある日、10年以上前に別れた元恋人・神保由紀子との間に生まれていた息子・神保進が現れる。家出をしてきたという進を追い返すわけにもいかず、初対面の息子との慣れない共同生活を始めた大和は、ホストを辞め、宅配便のドライバーとして再出発を図るが…。

原題:ワーキング・ホリデー / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年11月17日 / 上映時間:88分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:岡本浩一
脚本:山岡真介
撮影:平田修久
音楽:松下昇平

★【キャスト】
AKIRA、林遼威、綾野剛、逢沢りな、ゴリ、西野亮廣、忽那汐里、永田彬、近江谷太朗

【無料動画】

映画『ワーキング・ホリデー』予告編

映画『ワーキング・ホリデー』予告編

(C)讀賣テレビ/吉本興業 2012


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2012年12月10日) 
親子愛がテーマ。親が子供に見せたくないところとか素直に言えないところとか、いろいろあるのだろうけど、ただのお客さんの家に上がりこんで料理までするかーとか思ったり。結構むちゃくちゃな設定感は、リアリティで考えてはいけないのかもしれない。しかも小学生があそこまでの料理を作れるのだろうか朝食のサンドイッチまで。確かにおしいそうだけども。まあ、よいか。最近の子どもは妙にしっかりしている部分もあるし、普通なのかも。
●映画フリー (2012年12月24日) 
めったに絡みそうにない組み合わせなので貴重です。正直内容はそれほど期待してなかったのですが、AKIRAが父親になって子役のことそれなりの体験を通してだんだん仲良くなっていくのを見て、すごくEXILEでいつも見てる姿と違って別のかっこよさがあって、はまっていきました。綾野剛くんもホスト役が似合ってるし、ほんこんやゴリがいい味出してるし。全体的にはかなり面白かったので満足できました。最後はちょっと泣きました。
●BILIBILI (2016年11月22日) 
吉本興業が制作に関わっているので、お笑い芸人も出ているし、お話も軽め。そのぶん気軽に観られるメリットがあります。AKIRAの映画進出を見るかぎり、役者業に興味があるのでしょうけど、理想としては芸能系の製作から飛び出してこそ本当の俳優として認知された領域に達したと思うので今後も活躍していってほしいのですが。男前が男なりの「俺、下手だけど生活感ありますよ」みたいな見かけを必死にとっている感じが伝わってきます。
●VIDEOEYNY (2016年12月26日) 
AKIRAいわく「日本に元気を届けようと始まったプロジェクト」だそうで、震災から1年後、日本が徐々に喪失感から立ち直り、なんとか立ち上がって次に進もうとし始めた時期だということを踏まえてぜひ見てほしい。色々な角度からこの変わった家庭を見ることで、日本にたくさん生まれた歪なファミリーへの温かい目線が備わっていることがわかる。ただホストという職業はさすがにベタすぎるので、いっそのこと歌手とかで良かったのでは?