たとえば檸檬

歪んでいる。でも愛している

境界性パーソナリティ障害を抱える女性たちの実体験をもとに、歪んだ愛憎で結ばれる母娘の姿を描いたドラマ。母親の家庭内暴力や過干渉に悩む20歳のカオリは、愛に飢えた野心的な男・石山に出会い、母親の支配から抜け出そうと決意する。大手企業の役員秘書として働く40歳の女性・香織はセックス依存症で、家には引きこもりの娘が待っている母親でもあった。それぞれ母娘間の愛憎に悩むカオリと香織の運命は、次第に交錯しはじめて…。

原題:たとえば檸檬 / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年12月15日 / 上映時間:138分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:片嶋一貴
脚本:吉川次郎
撮影:釘宮慎治
音楽:Ken Sato

★【キャスト】
韓英恵、有森也実、綾野剛、佐藤寛子、白石隼也、町田啓太

【無料動画】

映画『たとえば檸檬』予告編

映画『たとえば檸檬』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年8月10日) 
境界性パーソナリティ障害という症状を描いた作品だというのは概要紹介で説明されているとおりですが、あまりそのことを強く意識しすぎないほうがいいと思います。普通に歪んでしまった人間たちの物語なんだと思いましょう。不安で不気味な展開は終始嫌な気分にさせるものがあるが、そこには私たちが抱える当たり前の歪みが見え隠れしている。これはきっと誰でも通過しうる人生の鏡なのだ。クライマックスもすべて他人事ではない。どこかにある闇を観た。きっとあなたにも秘められた黒いものをこじ開ける。
夢心地さん(2016年8月19日) 
綾野剛が出ている。まだそこまで有名になる前の作品ですね。やはり彼は持っている。この時点でガツンとやられるような怪物的な演技を見せてくれる。物語も役者の演技に呼応して良いものに仕上がっている。交わることのないと思っていた二つの物語がそんな部分で邂逅するとは驚きました。主要人物たちが次々と思いのままにエキセントリックなセリフを吐きつつ、ばこぼこと好き勝手に心情吐露。吐き気がするほど不快になる映画だけど、それをあえて狙ってやっているのが肝であり、そこに敏感に反応するのはまさにしてやったり。道徳や倫理感がすべて取っ払われた世界。不快に感じるから、自分たちが正常なのだと理解しよう。