Pick Up NEWS!

 

人生は狂詩曲(ラプソディ)

動画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』を無料視聴

人生は狂詩曲(ラプソディ)

原題:Branbanconne
製作:ベルギー・ルクセンブルク(2014年)
日本公開日:2016年7月16日
上映時間:99分
製作会社:
配給:ファインフィルムズ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%
IMDb ??/10

【あらすじ】
ベルギーを舞台に、コンクール出場を目指す吹奏楽団の奮闘を描く。吹奏楽の欧州決勝大会出場チームを選ぶ大会に参加したベルギー・フランドル地方の楽団「サン・セシリア」とライバルチームであるワロン地方の「アンナバン」。同点1位という結果となり、ともに決勝コンクール進出にこぎつける。しかし、サン・セシリアのソリストであるウィリーが心臓発作により演奏直後に舞台上で突然死してしまう。サン・セシリアのメンバーは悲しみに暮れ、コンクールへの戦意が喪失気味になるが、大会の日は刻一刻と迫っていた。勝利に向け、サン・セシリアのメンバーたちは、ライバルであるアンナバンの天才トランペット奏者ユーグをチームにスカウトするという作戦を思い付く。

【スタッフ】
監督:フィンセント・バル
脚本:ピエール・デ・クレルク
撮影:ダニエル・イルセン
音楽:スティーブ・ウィラード

【キャスト】
アマリリス・アイテルリンデン、アルチュール・デュポン、ジョス・フェルビスト、トム・オーデナールト

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2016年8月10日) star_5
原題「ブラバンソンヌ」は、ベルギー国歌のタイトルなんだそうな。「ブラバントの歌」という意味で、「ブラバント(仏語だとブラバン)」は今のベルギーとオランダにまたがる地名。ベルギーがワロン人とフラマン人で構成されていて、ワロン語とフランス語と話す言葉が違っていたことを、久しぶりに思い出させてくれました。よくある国内の対立した人たちの、それぞれのオーケストラ同士のドタバタ劇でした。ベルギーは、フラマン語(オランダ語)を話す北部フランドル地域とフランス語を話す南部ワロン地域とに二分され、何かにつけて反目してきた。そんな歴史をほとんど知らない私たち日本人には目を向けさせてくれる貴重な映画だ。
名無しさん(2016年8月19日) star_5
相手を受け入れない国の話。言葉さえ、フランス語を使ったり英語を使ったりきっとご近所さんなのに、仲良くない。でもベルギー人ならではなのか、ミュージカル仕立てだからそうなのかなんかのんびりしている。そういう文化の違いなんかを感じながら観ると面白いというかほのぼのと観られる。日本人にとっても他人事ではないはずだ。日本は隣国と仲が悪いのだから。俺は悪くない、アイツが悪い…そんな思考ではずっと平行線のままだ。歩み寄るような映画がこのアジアでもたくさん作られればいいのだが。きっとそのときは音楽の力が役に立つのではないだろうか。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。