Pick Up NEWS!

 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

動画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を無料視聴

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

原題:There Will Be Blood
製作:アメリカ(2007年)
日本公開日:2008年4月26日
上映時間:158分
製作会社:
配給:ディズニー
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 There Will Be Blood
(2007) on IMDb
Rotten Tomatoes 91%

第80回アカデミー賞で主演男優賞、撮影賞を受賞。

【あらすじ】
「ブギーナイツ」「マグノリア」の鬼才ポール・トーマス・アンダーソン監督が、20世紀初頭のカリフォルニアの石油産業を背景に、家族、宗教、裏切り、そして欲望について描いた人間ドラマ。原作は社会派作家アプトン・シンクレアによる「Oil(石油)」(1927)。

【スタッフ】
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:ジョニー・グリーンウッド

【キャスト】
ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、ケビン・J・オコナー、キアラン・ハインズ、ディロン・フレイジャー

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2010年2月10日) star_5
誰もが自分の欲望を満たすために登場してきて、そして去っていきます。石油産業の発展と、家族、宗教をベースにした重厚なストーリーは見ごたえがある。何故かカタルシスを感じる部分を、喜劇のような演出になってますが、役者の掛け合いが絶妙で物語によいテンポを与えているように感じます。あとは、音楽もよい。冒頭はbgmもセリフもなく、これからの展開を期待させるけど、中盤以降は不穏な旋律が物語の発展の期待をあおるようになっている。
名無しさん(2010年3月17日) star_5
まずすごいのは冒頭の期待感です。ああ、ここからすごいことが始まるんだなあという何とも言えない感覚がありました。疑心と欲望に包まれたプレインビューと、偽善で社会を舐め切った若者の戦い。まさに心の底から腐った二人が主人公なので、ていて辛い人もいるかもしれません。まさに裏切りや疑心ばかりで急に怒鳴り散らす場面も多いので、怖い映画だと思いました。それでも役者さんはすばらしいし、人間の欲望や醜いところがリアルに描かれていてすごいです。どうしてここでこんな音楽をチョイスできるだ!と驚く場面も多いです。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。