ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~

南京を救うために立ち上がった

シーメンス中国支社長・ナチス党員で、1937年の日本軍による南京事件にあたって現地民の保護に尽力したとされるジョン・ラーベの日記を元に映画化。

原題:John Rabe / 製作:ドイツ・フランス・中国(2009年) / 日本公開日:2014年5月17日 / 上映時間:134分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:フロリアン・ガレンベルガー
脚本:フロリアン・ガレンベルガー
撮影:ユルゲン・ユルゲス
音楽:アネッテ・フォックス

★【キャスト】
ウルリッヒ・トゥクール、ダニエル・ブリュール、スティーブ・ブシェーミ、アンヌ・コンシニ、ダグマー・マンツェル

【無料動画】

【予告編】映画「ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~」7.20大上映会

【予告編】映画「ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~」7.20大上映会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年6月4日) 
タイトルのとおり南京大虐殺を描いた映画。ジョン・ラーベという人物は巨大複合企業シーメンス社の南京支社長を務めた人物で、ナチ党員だった。この映画はまだニュートラルな視点から日本軍の行ったことを抑え目に描いているというけれど、見終わった後は言葉を失うくらいの衝撃だった。でもとっつきにくい歴史映画というよりは、ジョン・ラーベを中心とするの人々の人間関係や心の葛藤も丁寧に描いていて感情移入しやすいと思う、とにかく見てよかった。あまりに多くの人々が殺されていくシーンの連続に、いたたまれない。同時になんとも嫌な気分にもなる。加害側の同国人として目をそらしたい自分がいる。
名無しさん(2015年6月7日) 
こんなにも気持ちがざわつく映画だったとは。劇中では特にナチの旗が南京の市民を救ったシーンが象徴的だった。香川照之や柄本明、杉本哲太など豪華な日本人キャストたちの覚悟も感じられる映画だった 映画だけに限ったことではないけど、改めて史実を伝えるものが現代にとっていかに重要かがわかったし、観て知らなければいけないと思いました。史実とは身もふたもなく、時に残酷だ。ジョン・ラーベの人生は最後まで戦争に翻弄される。日本人が見るべき戦争映画は本作なのだろう。