アルマジロ アフガン戦争最前線基地

動画『アルマジロ アフガン戦争最前線基地』を無料視聴

アフガニスタンの戦場のデンマーク兵に密着

原題:Armadillo
製作:デンマーク(2010年)
日本公開日:2013年1月19日
上映時間:105分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 90%

★【あらすじ】
アフガニスタンの最前線アルマジロ基地に派遣された若きデンマーク兵たちの7カ月に密着し、若者たちが体験する恐ろしい戦争の現実を映し出していくドキュメンタリー。2009年、アフガニスタン南部ヘルマンド州のアルマジロ基地に、デンマーク人の青年メス、ダニエル、ラスムス、キムらが派兵される。アフガニスタン駐留の国際治安支援部隊支援国として、デンマークはイギリスとともに最も危険なエリアを担当。タリバンの拠点までわずか1キロという死と隣り合わせの戦場で、若者たちは数回の戦闘で極度の興奮状態を経験し、敵味方の区別もつきにくい戦争中毒に陥っていく。

★【スタッフ】
監督:ヤヌス・メッツ
撮影:ラース・スクリー

★【キャスト】

【無料動画】

映画『アルマジロ』予告編

映画『アルマジロ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月3日) 
アフガニスタン紛争時に平和維持活動の名のもと兵士として駆り出されたデンマークの若者たちを追ったドキュメンタリー。戦争とは無縁だったごく普通の若者達が、銃撃戦を重ねるうちに敵を殺すことに高揚感を覚え始める過程がリアルに映っている。「平和なパトロールだけで終わっては胸を張って国に帰れない」と話す兵士たちと、母国で兵士の帰りを待つ「人の命を奪ってほしくない」家族たち。平和維持活動とはどうあるべきなのか、考えさせる。
OPENLOAD (2016年1月21日) 
カメラマンも同行していたらしいが、兵士のヘルメットに小型のカメラを取り付けている事で、非常にリアルな映像が撮れている。まさに自分が戦場に行ったような気分。これがTVゲームなんかとは全く違う本物の戦場なのかと思ってしまう。軍隊の普通は見られない内部が映し出されており、公開当時はデンマークでも機密漏洩に当たるのではないか?と国内で議論になったらしい。それでも公開してしまうあたりさすがデンマーク。凄い精神だ。
STREAMIN (2016年4月24日) 
この映画のとある感想を読んでびっくりしたものがあった。このドキュメンタリーの内容が自分のイメージしていた戦場と違って違和感があるから変だというのだ。たぶんこの人は戦場に行った経験はないだろう。あくまで自分の頭に描いていたものと違うということのはず。つまり、それだけ人は戦争というものを好き勝手に解釈して想像しているということだ。そういう意味ではこの作品を製作した価値はあった。これが本当の戦場なのだ。
DAILYMOTION (2016年8月21日) 
いつ殺されるかわからないという超絶的な緊張感。完全に目がイッてる。相手のタリバンを「ブタ」「◯匹」と呼ぶ。そして、キャンプの中では無邪気に幼稚な遊びをする兵士。たまたまそこにいたというだけで殺されるしかない住民。これぞ戦場のカオス。コンバットハイというものは本当に存在することがよくわかる。ちなみに作中で敵との遭遇は少ないみたいに思えるが、実際は30回以上敵に遭遇しているようで、ほんとはもっと過酷のようです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)