世界侵略:ロサンゼルス決戦

動画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を無料視聴

世界侵略:ロサンゼルス決戦

原題:Battle: Los Angeles
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2011年9月17日
上映時間:116分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 35%

【あらすじ】
人類最後の砦となったロサンゼルスを舞台に、エイリアンの侵略に立ち向かう米海兵隊員たちの戦いを描くSFアクション。1942年、米ロサンゼルス上空に未確認飛行物体(UFO)の編隊が出現し、空軍が対空砲火を行うも撃墜は失敗。それ以降、世界各国で不気味な円盤の目撃情報が相次ぐ。そして2011年、ついに宇宙からの地球侵略が開始される。

【スタッフ】
監督:ジョナサン・リーベスマン
脚本:クリストファー・バートリニー
撮影:ルーカス・エトリン
音楽:ブライアン・タイラー

【キャスト】
アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2011年10月4日) star_5
モキュメンタリー形式で侵略系SFというジャンルだがこちらはかなりアクションが主体の戦争映画。全体的にこじんまりとしていて演出は控えめで、鳥瞰図的な撮影が抑えられ、主人公たちとともに戦場を駆け抜けるような撮影技法が取られている。「戦いは続いていく」という対テロ戦争以降の疲弊した戦争映画になっているのがまたいい。民間人を命がけで救出し、我が身の危険も顧みず反撃の好機を狙う姿はいかにもアメリカ的思想でした。
名無しさん(2011年10月6日) star_5
敵が異星人という以外、本当にリアルな戦争を描いており、非常に緊迫感が溢れています。主人公の過去やそれを取り巻く人物像など意外にも丁寧に描いており、ド迫力の映像だけに頼らないところは非常に好感触です。カメラワークも良く、若干の揺れ具合がそこにリアリティさを生み出します。戦闘シーンともなると、さらに雰囲気があり素晴らしかったです。ストーリーはよくある感じです。ひねりが無いと言えば無いですが、様々な部分でそれらアメリカ映画の弱点をカバーしています。大迫力でぜひ観たい一品。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。