デッドマン・ダウン

動画『デッドマン・ダウン』を無料視聴

死んだはずの男、未来を奪われた女

原題:Dead Man Down
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2013年10月26日
上映時間:118分
製作会社:Original Film
配給:プレシディオ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
38% Rotten Tomatoes

【あらすじ】
スウェーデンの大ヒットサスペンス『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を手がけたニールス・アルデン・オプレブ監督のハリウッドデビュー作となるサスペンス。妻子を殺され復讐を誓う暗殺者ビクターは、交通事故で顔に大きな傷跡が残り、生きる希望を失っていた女性ベアトリスと知り合う。ベアトリスはビクターが人を殺す現場を目撃しており、自分の顔に傷を付けた加害者を殺してほしいとビクターに頼む。このことをきっかけに孤独な2人は距離を縮めていくが、事態は思わぬ方向へと向かっていき…。

【スタッフ】
監督:ニールス・アルゼン・オプレブ
脚本:J・H・ワイマン
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ジェイコブ・グロス

【キャスト】
コリン・ファレル、ノオミ・ラパス、ドミニク・クーパー、テレンス・ハワード、イザベル・ユペール、アーマンド・アサンテ、アッカリア・クィンターナ、ビアータ・デルトン、アンドリュー・スチュワート=ジョーンズ、ルイス・ダ・シルヴァ・Jr、デクラン・マルヴェイ

【動画】

映画『デッドマン・ダウン』予告編

映画『デッドマン・ダウン』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画FUN (2016年1月13日) star_5
アクションは少ないけど地味ながら緊迫感が保たれており、ストーリー構成と配役のキャスティングもマッチもあって、静かなハードボイルドクライムとして良質。主人公やヒロインの心情に相まっていて、フィラデルフィアの町並みは別の印象を与えてくる。それにしても、不幸な役が上手い女優さんは他にもいますが、ノオミ・ラパスは更に流血や傷跡が加わると輝きますね。抑えてきた感情が最後のシーンで発露されるところが見どころですので注目。
OPENLOAD (2016年1月16日) star_5
いつも困り眉毛のコリン・ファレル、今作ではやっぱり困ったことに。落ち着いているのにハラハラするストーリー構成がニールス監督らしい。私は長さとかは気にならずに最後まで夢中で観れたので、問題なし。復讐が二人を結びつけて、複雑に絡み合って増減して始めには想像もしなかったまさかの結果を生む。それが復讐という感情の行き着く結末なのかもしれない。「ミレニアム」とはまた違った印象だが、良作のは間違いないだろう。
DAILYMOTION (2016年1月18日) star_5
キャストの豪華さもさることながらストーリー的にも捻りがあって面白い。死んだはずの男の復讐劇に交通事故で美しい顔を失った女の復讐委託を重ねる荒技的な合体を見せてきます。主人公の正体がバレそうでバレなかったり、寡黙ゆえに口より多くを語る表情の僅かな変化を察して走る静かな緊張感だったり、サスペンスは非常に効果的で、監督の実力を感じさせます。無論、役者の実力もあるのですが、今更褒めるまでもない俳優ですからね。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする