存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48

動画『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』を無料視聴

原題:存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年7月8日
上映時間:
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
人気アイドルグループ「AKB48」のドキュメンタリー映画シリーズ第5弾。女性アイドルグループとして数々の記録を塗り替え、10周年を迎えた同グループを引っ張ってきた初代総監督・高橋みなみの卒業と、新たな総監督・横山由依の新体制への移行の裏で起きたドラマや、「HKT48」の指原莉乃、「NMB48」の山本彩らによる姉妹グループの台頭、新グループ「NGT48」の誕生、そしてライバルグループ「乃木坂46」の大躍進など、AKB48が移りゆく時代とどう戦っていくのかを描き出す。また、メインストリームを走るメンバー以外にも、同グループ出身の特異な成功者たちにもスポットを当てる。

★【スタッフ】
監督:石原真
撮影:瀬戸俊介

★【キャスト】
入山杏奈、大家志津香、大和田南那、小笠原茉由、小嶋菜月、小嶋陽菜、佐々木優佳里、島崎遥香、白間美瑠

【無料動画】

2016.7.8公開『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』予告編 / AKB48[公式]

2016.7.8公開『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』予告編 / AKB48[公式]

(C)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年8月4日) 
このドキュメンタリーは、2作目の様なショッキングな映像、4作目の様な1人にスポットを当てた作りにはなってなくて、1作目の様なインタビューと過去の映像で構成されたドキュメントが幾つも有り、それらが今回の総選挙に集約されていくという構成になっています。ただ、メディアにはあまり出ないようなメンバーのストーリーなので一般ウケはないかもしれないけど、私のようなある程度見てきたファンには満足いく内容です。2年前の13期の岡田彩花の東京ドームでのセンターやメンバーの涙の理由にようやく合点がいきました。
名無しさん(2016年8月21日) 
本作は、AKBが10年間続いたわけは何か、そして今後はどうなっていくのかという二本柱で成り立っています。この問いは、言葉で説明されることなく、現在のメンバーの活動や一部卒業生の人生を観察することで考察されます。若手の中にも推されるメンバー、うまくいかないメンバーそれぞれに苦悩があってもがいている。そして、AKBグループの中にいながら「本隊」とは異なる活動をしているチーム8は、ひたすらにがむしゃらに公演を続ける。これら若手の活動は、かつての初期メンバーと重なり、観客の胸を揺さぶる。あー、こうした活動を地道に重ねて10年間続いてきたんだなーと感じさせられます。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)