リトル・ボーイ 小さなボクと戦争

戦争と子どもの奇妙で不思議な関係性

原題:Little Boy
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2016年8月27日
上映時間:106分
製作会社:
配給:東京テアトル、日活
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 22%

第2次世界大戦下のアメリカを舞台に、戦地に向かった父と8歳の息子の絆を描くドラマ。アメリカ西海岸の小さな町に暮らす8歳のペッパーは町の誰よりも背が低く「リトル・ボーイ」とからかわれていた。ペッパーは大好きな父親との楽しい日々がいつまでも続くと思っていたが、徴兵検査に引っかかった兄の代わりに父親が戦場へ借り出されてしまう。父親をなんとかして戦場から呼び戻すことを固く決意したペッパーは、すべて達成することができれば願いがかなうリストを司祭から授けられ、父親奪還大作戦に向けて動き出す。

★【スタッフ】
監督:アレハンドロ・モンテベルデ
製作:アレハンドロ・モンテベルデ、レオ・セベリーノ
脚本:アレハンドロ・モンテベルデ、ペペ・ポーティーロ
撮影:アンドリュー・カデラーゴ
音楽:ステファン・アルトマン、マーク・フォスター

★【キャスト(キャラクター)】
ジェイコブ・サルバーティ(ペッパー・フリント・バズビー)、エミリー・ワトソン(エマ・バズビー)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ハシモト)、マイケル・ラパポート(ジェイムズ・バズビー)、デビッド・ヘンリー(ロンドン・バズビー)、エドゥアルド・ベラステーギ(クリスピン司祭)、ベン・チャップリン(ベン・イーグル)、トム・ウィルキンソン(オリバー司祭)、尾崎英二郎(マサオ・クメ)

【無料動画】

映画『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』予告編

映画『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』予告編

(C)2014 Little Boy Production, LLC.All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2016年8月28日) 
アメリカの戦時下を8歳の子どもの視線で見た映画であり、これだけでかなり一風変わった作品だということが分かると思います。それを日本人の私たちが観ると、どうなるか?そこをお楽しみに。それにしてもアメリカの戦争映画に対してはこれはプロパガンダだの結構厳しい視線を投げかける私たち日本人ですが、いざ日本側の戦争に対してとなると認識が甘くなるのはいかんせんお国柄なのか。そういう意味でもこの映画はえぐってきます。
●STREAMANGO (2016年8月30日) 
日本人のハシモトとの友情が心に残る。原爆も見方が違えば、こうも変わるのかと考えさせられました。こういう戦争映画もたまにはいいんじゃないでしょうか。日本の方向に念力を送り続ける事も最後の展開も全ては偶然だったと言ってしまえばそれで終わりなのですが、でも信じる思いというものの強さは安易に否定していいものではないですよね。日本人の助言でいじめっ子に報復する辺りは結構どこかで見かけた構図なのが惜しい。