ザ・ラストシップ シーズン2

ザ・ラストシップ シーズン2

第1話 悪夢の町/Unreal City
チャンドラーは、ダニーやバークと共に発電所を急襲し制圧に成功する。そこで出会ったレジスタンスの内通者に案内され、トールバルトと会ったチャンドラーは、彼らと共に新世界本部襲撃を実行することに…。

第2話 理想を求めて/Fight the Ship
自警団のトールバルトと手を組んだチャンドラーは、発電所からの送電を停止。慌てたグランダーソンは、発電所奪還に向かう。一方、ネイサン・ジェームズでは、スラッタリーが敵の目をごまかして通信室に籠もり、いち早く脱出に成功していたオコーナー達と共同して、クルーの一斉蜂起を指揮する。

第3話 新たなる旅立ち/It’s Not a Rumor
ノーフォークに上陸したネイサン・ジェームズのクルー達は、わずかに残っていた軍人グループと出会う。彼らの協力を得て、全米及び全世界に残された、有力なラボ・ネットワークを通じて、ワクチンを世界中に広める活動をスタートするチャンドラーとレイチェル達。一方で、それぞれのクルーは愛する家族達の消息を尋ね、無事再会を果たす者、家族の死を知って悲しむ者、人それぞれだった。

第4話 病院船サラス/Solace
ワクチン開発用のラボを増設した病院船サラスが、ノーフォークから出港し外洋に出たという情報を得たチャンドラーは、サラスを追って大西洋を南下する。やがて、サラスを見つけたものの、停止したサラスからは、呼びかけにも一切応答がない。チャンドラーは、自ら臨検隊を率い、病院船に乗り込んで行くが、船内は死の静けさに包まれていた。

第5話 アキレスの槍/Achilles
イギリス海軍1艦アキレスの操舵手だったショーンは、原潜のクルーが全員ウイルス感染で死亡した後、弟のネッドと2人だけ自然免疫で生き残った事から、同じ自然免疫の男達を集めてヨーロッパを制圧し、自らを選ばれし民として世界制覇を企むようになる。そのため、ワクチンを開発したネイサン・ジェームズの存在が邪魔だった。

第6話 大統領誕生/Long Day’s Journey
全米のラボを潰したショーンは、世界制覇への次の手を打つべくニルスを伴ってフロリダに上陸、新たな免疫保持者を獲得しつつ、選ばれし民の大集会場へと向かう。 一方で、彼の配下マクダウェルはワクチンのエアロゾル化のヒントをレイチェルのために残し、レイチェルはそれを手掛かりにワクチンを微粒子とする研究に没頭する。

第7話 思わぬ再会/Alone and Unafraid
ショーンがミッチェナー大統領を傀儡に使ってアメリカ制覇を目論んでいると知ったチャンドラーは、ミッチェナーをさらって自陣に取り込むべく策略を練る。その頃、ネイサン・ジェームズでは、スラッタリーがアキレスと地上のショーン達との通信に、海に浮かぶ中継装置が使われていることに気付きミサイルで装置を破壊する。

第8話 安全地帯/Safe Zone
ネイサン・ジェームズに連れて来られたミッチェナーは、スラッタリーやチャンドラーの説得にも耳を貸さず、頑なに協力を拒み続ける。単なるショーンの洗脳だけではなく、もっと深い要因があると見たチャンドラーは、家族の死に原因があり、それが強いトラウマとなってミッチェナーを苦しめていることを突き止める。

第9話 暗雲/Uneasy Lies the Head
環境の急変になかなかついていけず、大統領としての自信を持てないミッチェナーだったが、ジーターらの励ましもあり、次第に大統領としての自覚を身につけていく。チャンドラー率いる陸戦チームは、開発に必要な素材を採集するためフロリダのセント・アンドリュー湾に上陸し、そこで大学生レイをリーダーとする若者グループに遭遇する。

「ザ・ラストシップ シーズン2」を見られる
動画配信サービスの一覧