Pick Up NEWS!

 

ファインディング・ニモ

動画『ファインディング・ニモ』を無料視聴

ファインディング・ニモ

原題:Finding Nemo
製作:アメリカ(2003年)
日本公開日:2003年12月6日
上映時間:104分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:
次作:『ファインディング・ドリー

【評価・受賞】
 Finding Nemo
(2003) on IMDb
Rotten Tomatoes 99%

【あらすじ】
オーストラリアの海に住むカクレクマノミのマーリンは、ひとり息子ニモを育てるシングル・ファーザー。ある日、ニモが人間のボートに近づいてさらわれてしまい、マーリンは物忘れの激しい魚ドリーの協力を得て、ニモを探す旅に出る。一方、ニモも人間に入れられた水槽の中で新たな友人たちと出会い、彼らに助けられて必死に逃げ出そうとしていた。

【スタッフ】
監督:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン、ボブ・ピーターソン、デビッド・レイノルズ
音楽:トーマス・ニューマン

【キャスト】
アルバート・ブルックス、エレン・デジュネレス、アレクサンダー・グールド、ウィレム・デフォー、アンドリュー・スタントン

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月1日) star_5
親子の絆にこれほど感動した映画はありません。もう、マーリンが「ニモ!!」って叫ぶだけでうるっときちゃいます。大海原を旅するマーリンと対照的に閉塞感ただよう水槽の中に入れられるニモ。息子を探すことで頭がいっぱいのマーリンとは対照的にド忘れで頭の中が空っぽのドリー。うまく真逆のものをミックスさせることで、どっちかに偏ることなく、こちらを飽きさせないような作りになってて素晴らしいです。あとはもう海がめちゃめちゃ綺麗。もうニモも10年前の映画になってしまいましたが、そうとは思えないほどの映像美です。
名無しさん(2010年1月1日) star_5
ピクサーの神通力の威力、勢いが上昇時期だった頃の作品。アニメとしての表現力の無限の大きさを感じる作品であったことを、公開当時は、思ったものです。ピクサーは最初はゆったりした雰囲気で始まるのが多い気がするけど、これはいきなり急展開を迎えるからみやすい。別にゆったりしたのが嫌いなわけではないけれど、こういうのも面白い。好きなシーンはマーリンが今までの旅のことを話し、それが海中の魚、そして鳥たちにも伝わって、最終的には水槽にいるニモの耳にまで届くところ。なんかそのシーンで無性に感動した。あとは陽気なサメたちとのシーンや、水槽に閉じ込められた魚たちが必死にニモを海に逃がそうとしてるところも面白かった。