カーズ(1作目)

動画『カーズ』を無料視聴

車たちの世界をピクサーが描くアニメーション

原題:Cars
製作:アメリカ(2006年)
日本公開日:2006年7月1日
上映時間:116分
製作会社:Pixar Animation Studios
配給:ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
製作費:1億2000万ドル
興行収入:4億6200万ドル
次作:『カーズ2

★【評価】
Rotten Tomatoes 74%

★【あらすじ】
「トイ・ストーリー2」以来、7年ぶりにジョン・ラセター自ら監督に挑戦したピクサーの最新作。レストランがガソリンスタンド、靴屋がタイヤ販売店という「クルマの世界」を舞台に、傲慢な新人レースカー、ライトニング・マックイーンの成長を描く。2005年、「ピストン・カップ」シーズン最終レース「ダイナコ400」で、初の新人チャンピオンを狙うライトニング・マックィーン。ライバルたちとの勝負は、1週間後にカリフォルニアで優勝決定戦が行われることとなった。しかし、カリフォルニアへの移動中、思わぬトラブルによって、ルート66沿いの田舎町「ラジエーター・スプリングス」に迷い込んでしまう。

★【スタッフ】
監督:ジョン・ラセター
脚本:ジョン・ラセター
音楽:ランディ・ニューマン

★【キャスト(キャラクター)】
オーウェン・ウィルソン(ライトニング・マックィーン)、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ(メーター)、ポール・ニューマン(ドック・ハドソン)、ボニー・ハント(サリー)、トニー・シャルーブ(ルイジ)、マイケル・キートン(チック・ヒックス)、リチャード・ペティ(キング)、ボブ・コスタス(ボブ・カトラス)、ダレル・ウォルトリップ(ダレル・カートリップ)、チーチ・マリン(ラモーン)、グイド・カローニ(グイド)

【動画】

カーズ – 予告編

カーズ - 予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
【U-NEXT×】
【dTV×】
【Hulu×】
TSUTAYATV
【au-Video×】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月6日) star_5
ディズニーやピクサー映画好きな私ですが、この作品は避けてました。だって「車」が主人公って…子ども向けすぎるよね…と。でも、いざ観てみれば私の認識が甘かったと反省しきり。車に共感して笑ったり泣いたりできるんですよね。不思議です。作品を見もせずに第一印象だけで語るべきではないですね。自信過剰なマックィーンが田舎で新しい環境に触れ、レーシングカーとしての誇りを正しい形で取り戻すというエピソードは大人にこそグッときます。
映画フリー (2016年1月7日) star_5
プライドが高く誰からの助けも必要としない一匹狼だった主人公ライトニング・マックイーンが田舎の街で出会った呑気な仲間との出会いを切っ掛けにたくましく成長していくストーリー。子供向けアニメかと思っていたが、大人でも楽しめた。とくに人生経験を積み始めたキャリア絶頂期に入り始めた若者が、もう一度自己を問い直すというのは大人が共感する話。それを諭すのは今は引退したベテランというのも心に響く。他の仲間も無邪気だは良い奴。
CRUNCHYROLL (2016年1月12日) star_5
ピクサーの中で一番好きな作品。勝利や便利さより大事なものがあるということをマックイーンの変化とラジエータースプリングスの変化をクロスさせつつ鮮やかな語り口で描いているのが、さすが単なる子供向けでは終わらないピクサーだなって感じがヒシヒシと伝わるのです。また、オールディーズやアメリカの広大な雰囲気が大好きな私は映画全体の世界観がもう何よりツボで、思わずサントラも買ったけどそっちも最高。ぜひ曲にも注目してほしいです。

★【おすすめの関連作】
プレーンズ
カーズ・ドリーム
ポリスカーズ

ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)