マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

バカだけど、愛していた

子育ての予行演習のつもりで、ラブラドール・レトリーバーの子犬を飼い始めた新婚夫妻のジョンとジェニー。マーリーと名付けたその犬のやんちゃな振る舞いに、さんざん手を焼く2人だったが、いつしか喜怒哀楽を共にするかけがえのない存在になっていく。犬との生活を通して人生を学んでいくカップルの姿を描いたドラマ。

原題:Marley & Me / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開日:2009年3月27日 / 上映時間:116分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:デビッド・フランケル
脚本:スコット・フランク、ドン・ルース
撮影:フロリアン・バルハウス
音楽:セオドア・シャピロ

★【キャスト】
オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン

【無料動画】

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (Marley And Me)

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (Marley And Me)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月4日) 
子育ての練習のつもりで飼ったらものすごいバカな事をする犬だったけど色々な出来事を通じて代え難い家族になるという話です。とんでもないいたずらというか周りから見たらお茶目な事をしまくるマーリーと仕事、子育てに悩む2人とのやり取りが何とも軽妙で面白いです。本気で怒って追い出される事もありますがマーリーとの思い出がよみがえってきて大切な存在だと認識する。でもやがてはこんな可愛いマーリーとの別れも来ます。僕はこの映画を何度も観てますがいつも同じ場所で涙腺崩壊します。
名無しさん(2010年1月8日) 
動物ものはやっぱり泣けちゃいました。普段あんまり泣かないのですが…ストリーは淡々としているのに心に残るものはあって。共に過ごした日々が一秒一秒愛おしくなる。子供達が産まれた時からそばにいたマーリー。子供達にとっては立派なお兄さんだったのだろう。長男のお別れの一言葉にグッときてしまいました。どんどん衰弱していくマーリーの姿は、演技とはいえ観ていられませんでした。ラストシーンでは会場の殆どの人が鼻をすすり上げていたましたよ。すべての人にマーリーを観てほしい。