ファウスト

人生は壮大なミステリー

原題:Faust
製作:ロシア(2011年)
日本公開日:2012年6月2日
上映時間:140分
製作会社:
配給:セテラ・インターナショナル
製作費:
興行収入:

ドイツの文豪ゲーテの名作「ファウスト」を、ロシアの名匠アレクサンドル・ソクーロフが新たな解釈で映画化。2011年・第68回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。19世紀初頭、神秘的な森に囲まれたとある町。あらゆる学問を探求するファウスト博士は、研究を続けるために悪魔と噂される高利貸しのマウリツィウスのもとを訪れる。マウリツィウスはお金を貸すかわりに生きる意味を教えるとファウストを説き、ファウストは言われるままに町へ繰り出す。そこで出会った美しい女性マルガレーテに心を奪われたファウストは、マルガレーテを求めるあまり魂と引き換えにマウリツィウスと契約してしまう。

★【スタッフ】
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
脚本:アレクサンドル・ソクーロフ、マリーナ・コレノワ
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:アンドレイ・シグレ

★【キャスト】
ヨハネス・ツァイラー、アントン・アダシンスキー、イゾルデ・ディシャウク、ゲオルク・フリードリヒ

【無料動画】

映画『ファウスト』予告編

映画『ファウスト』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第68回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月16日) 
ゲーテのファウストを、監督が独自の解釈で描いた超個性の強い作品。原作をそのまま映画化したのではなく、オリジナルに作り直したという感じで、かなりの異色。なによりもまず驚くのは画面がほぼ正方形であること。監督が好きな絵はみなそんな形なのでそれを意識したらしいが、そんなスタイルだから、観ているこっちは変な感覚に陥って落ち着きがない。マルガレーテ役の女優ディシャウラクが、「19世紀の美女」といった異質な印象でした。
OPENLOAD (2016年6月18日) 
高尚な作品であり、まさにアーティスティックなシネフィルの喜ぶ一作。開始早々腐乱死体の解剖、ボタボタと零れ落ちる内臓、この時点で好き嫌いが分かれるのだが、その選別テストは初期第1弾に過ぎない。語るべきポイントなど腐るほど存在する。何よりヒロイン:マルガレーテの美しさが尋常でなく、光のない映画の中で煌々と輝く恒星として常に映画を独自のルールで支配していのであり、まさにこの世を統べる太陽のようなパワーだった。
STREAMANGO (2016年6月22日) 
聖書の最初の言葉で弟子とあれこれ議論するところとか、なんて不思議な作品なのだろうか。ある人間の精神世界をずっと見せられているような感覚で気まずい。映像が凝っていてダイナミックなので、クセの強さでは120点。原作がそうであったように、ファウストの望むものはきっと永遠に得られないだろうし、ただ監督独自の解釈なだけにメフィストフェレスがいないのは意外で、これについて監督の解釈を小一時間聞いてみたいところである。