ジ、エクストリーム、スキヤキ

動画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』を無料視聴

前田司郎が映画監督に初挑戦

原題:ジ、エクストリーム、スキヤキ
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年11月23日
上映時間:111分
製作会社:
配給:スールキートス
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
劇団「五反田団」主宰で、映画化もされた演劇「生きてるものはいないのか」や小説「夏の水の半魚人」、映画「横道世之介」の脚本などで知られる前田司郎が、映画監督に初挑戦し、自身の同名小説を映画化した青春ドラマ。絶縁状態だった大学時代の友人・大川と15年ぶりに再会した洞口は、人懐っこい大川のペースにのせられ、ある旅行の計画に巻き込まれる。大川の同棲相手・楓と、洞口の昔の恋人だった京子も強引に計画に引き入れ、4人はなぜかスキヤキ鍋を持って海に向かうことになるが…。

★【スタッフ】
監督:前田司郎
脚本:前田司郎
撮影:平野晋吾
音楽:岡田徹

★【キャスト】
井浦新、窪塚洋介、市川実日子、倉科カナ、黒田大輔、西田麻耶

【無料動画】

映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』予告編

映画『ジ、エクストリーム、スキヤキ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年2月19日) 
15年ぶりに再会した大学時代の友人たちとその恋人が、あてどない旅に出る、ゆるゆるな人間関係をまったり描く脱力系人間ドラマ。軽快なテンポの会話で繰り広げられる物語の中で、セリフをわざと噛んだり詰まったりすることで会話をリアルなものにしています。ストーリーにも際立ったものもないですが、意味のないような会話の中に深い言葉が散りばめられているけれど、偉そうなことは言わない。説教はしないけど、傍にはいてくれる、友達になりたい映画です。
シアターさん(2016年4月26日) 
思わずクスッと笑ってしまうようなアホみたいでゆるい会話劇が終始続く。誇れることも将来性も何もない学生時代のキラキラしてた時間を引きずってるモラトリアムな2人がいい味を出している。2人のプチ旅行に付き合う形になった楓こと倉科カナと京子こと市川実日子もステキ。これら主人公たちの会話の掛け合いをたっぷり楽しんで帰る。それだけの映画です。でもそれだけでいいのです。青春は常に全力で楽しんだかというとそうではないし、大半はゆるく過ぎていっただけだった。それを思い出させてくれる。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)