ふきげんな過去

小泉今日子と二階堂ふみが母娘役で共演

北品川の食堂で暮らす女子高生・果子の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子が突然やって来た。ある事件を起こし、前科持ちとなってしまった未来子の登場に、慌てふためく家族。そして、果子は自分の部屋に図々しく居候する未来子にいら立ちを隠せなかった。退屈に思われた果子の夏が、自分が本当の母親だという未来子の出現によって、特別な夏へと変わっていく。

原題:ふきげんな過去 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年6月25日 / 上映時間:120分 / 製作会社: / 配給:東京テアトル

★【スタッフ】
監督:前田司郎
脚本:前田司郎
撮影:佐々木靖之
音楽:岡田徹

★【キャスト】
小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、山田望叶、兵藤公美

【無料動画】

映画『ふきげんな過去』予告編

映画『ふきげんな過去』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年7月1日) 
平凡につまらない毎日を送っていた果子。一見すると日常を静かに描いた映画なのかと思わせるが、そうではない。SFやメルヘンなど様々な突飛な出来事が起こってくる。結局あのおばはなんだったのか、高良くんの存在はなんだったのか、最後までよくわからない。しかし見ているうちに、こうかな?やっぱりこっちかな?色々と考えながら見ることができてとても楽しい。最後の二階堂ふみさんの表情が素敵。はっと何かに気づいて、映画は終わる。
名無しさん(2016年7月4日) 
もうとにかく前田司郎さんの世界観のファンなので、新作を映画館で見る事ができて本当に最高です。五反田団という前田さん主宰の劇団さんの公演も一度観たことがあり、この方が作り上げる、どこか懐かしいような雰囲気とほっこりする雰囲気を持っている映像がやっぱり良い。そして、この映画はファンタジーで青春映画のような要素があって、ワクワクできるし、ドラマ性も深く、そして、エキセントリックな演出、とにかく最高でした。思春期の破壊的衝動の象徴として爆弾やワニがあるんじゃなくて、「ないと決めつけて未来を閉ざす生き方はつまんないよ」と、ややエキセントリックなやり方で教えてくれてるんじゃないか。そんなふうに思えた映画でした。