偉大なる、しゅららぼん

琵琶湖には不思議な一族が存在した!

原題:偉大なる、しゅららぼん
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年3月8日
上映時間:114分
製作会社:アスミック・エース
配給:東映、アスミック・エース
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」の人気作家・万城目学による同名小説を映画化。滋賀県琵琶湖畔に位置する石走の町には、代々不思議な力を伝承する日出一族が江戸時代から現存する城に暮らしていた。分家の息子・涼介は一族の掟に従い、高校入学を機に力の修行のため日出家の城に居候することに。風変わりな日出家の面々に戸惑う涼介は、日出家の跡取りで最強の力の持ち主とされる高校生・淡十郎に従者扱いされ、振り回される日々を送る。やがて淡十郎の色恋沙汰が、日出家とライバルの棗家を巻き込み、思わぬ騒動へと発展していく。

★【スタッフ】
監督:水落豊
脚本:ふじきみつ彦
撮影:明田川大介
音楽:瀬川英史

★【キャスト】
濱田岳、岡田将生、深田恭子、渡辺大、貫地谷しほり、佐野史郎

【無料動画】

『偉大なる、しゅららぼん』予告編

『偉大なる、しゅららぼん』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月3日) 
ゆるゆるなファンタジー?なシュール・コメディということでいいのかな。琵琶湖というピンポイントを舞台にしたという意味でもイマイチわからない。パワースポット・ブームにあやかっての映画化だったのかもしれないが、たぶんそういうパワースポットを好きな人はこういう作品を求めていない気がする。と、こんな感じで、いろいろミスマッチが見え隠れするが、変な映画好きなら必見でしょう。原作ファンの友人は、それなりに満足しながら映画を語っていたので、たぶん良い作品に違いないのかな。
名無しさん(2016年1月21日) 
特殊にして狭隘な舞台設定。特殊な能力を持つ一族。そして、大人たちの惨めな醜さ。これらが巧妙に絡み合い、その合成が生んだ歪みとして、それらに振り回される両家の跡取りや若者を描いた作品と称するべきか。コメディー要素は多分に含んでいるものの、登場人物それぞれに魅力的な個性があり、且つ、どこかカッコいい。特に、日出淡十郎は、ただプライドが高く、見栄っ張りな小者の様に印象が先行するが、個人的には一番凄い人物でクールと思った。案外、コメディとしてバカにできない深さもあると思う。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)