Pick Up NEWS!

 

英国王のスピーチ

動画『英国王のスピーチ』を無料視聴

英国王のスピーチ

原題:The King’s Speech
製作:イギリス・オーストラリア(2010年)
日本公開日:2011年2月26日
上映時間:118分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 95%

【あらすじ】
現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。1925年、大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はエリザベス妃に見守られ、父王ジョージ5世の代理として演説を行った。しかし、吃音症のために悲惨な結果に終わり、聴衆も落胆する。エリザベスはアルバート王子を説得して、言語療法士であるオーストラリア出身のライオネル・ローグのロンドンのオフィスをともに訪れる。

【スタッフ】
監督:トム・フーパー
脚本:デビッド・サイドラー
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アレクサンドル・デスプラ

【キャスト】
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2012年3月6日) star_5
人前で話すのが苦手な人にとってこの映画は必見だろう。吃音症やあがり症の人にとってスピーチは処刑場に連れて行かれるようなもの。恋の為に王冠を捨てた兄と違って、吃音症なのに逃げずに自分の役目を果たした王様は凄いと思う。王家の命運が掛ってると言っても過言じゃない中で大変だっただろう。ここで失敗してたらイギリス王室は続いてなかったかもしれない。そういう意味では、歴史的にも非常に意味のあるスピーチだったんじゃないかな。勇気をもらえる素晴らしい作品でした。
名無しさん(2012年3月10日) star_5
この映画はストーリーはさておいて、ジェフリー・ラッシュとコリン・ファースの掛け合いを楽しむ映画だろう。この正に緊迫した演劇を観てるかのような迫力があるやりとり。その脇を、ハリー・ポッターの二代目校長を務めたマイケル・ガンボン、ガイ・ピアース、ヘレナ・ボナム=カーター、等々名優達が固めている。コリン・ファースは自信喪失男から、自信満々男に代わる様が素晴らしく役者冥利に尽きたなという感じ。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。