ピラニア リターンズ

エロとグロとピラニアがまた帰ってきた!

リゾート地として賑わう湖に突如出現した人食い魚の恐怖を描いたパニックスリラー「ピラニア3D」(2010)の続編。ビクトリア湖で起こった惨劇から1年。湖は封鎖され、血に飢えたピラニアたちは、オープン間近のウォーターパーク「ビッグ・ウェット」を新たな住処にしていた。そこは、能天気な若者たちが騒ぐために作られた仕かけ満載のプールだったが、恐ろしい人食い魚たちが潜んでいるとは知らずにやってきた客たちが、次々とピラニアたちの餌食になっていく。

原題:Piranha 3DD / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2012年7月14日 / 上映時間:83分 / 製作会社:Radius-TWC / 配給:ブロードメディア・スタジオ

★【スタッフ】
監督:ジョン・ギャラガー
脚本:パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン、ジョエル・ソワソン
撮影:アレクサンドル・レーマン
音楽:エリア・クミラル

★【キャスト】
ダニエル・パナベイカー、マット・ブッシュ、デビッド・ケックナー、クリス・ジルカ、カトリーナ・ボウデン、ゲイリー・ビューシイ、クリストファー・ロイド、ジャン=リュック・ビロドー、エイドリアン・マルティネス、ポール・ジェームズ・ジョーダン、ミーガン・タンディ、デヴィッド・ハッセルホフ、ポール・シェアー、ゲイリー・ビジー

【無料動画】

ピラニア リターンズ

ピラニア リターンズ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月7日) 
前作ありきの作品ですが、前作も笑い要素は多めでしたが、今作ではさらによりコメディに振り切ってます。ピラニアが湖からプールにまでやってきました。今回も水着ギャルたちが大変な目に遭います。つまり、普通になりましたよね。これを進化と呼んでいいのか。リターンズというわりには中身が変わりすぎじゃないか。でもいいのです。この映画を観る人の需要はひとつ。前作とあんまり変わり映えしないけど、おっぱいは良い。これで満点です。
OPENLOAD (2016年2月3日) 
ピラニア3Dが驚くべき完成度だったが、続編は全てを放り出してネタできた。前作に比べ、グロテスクなシーンは少なくなっていますが、それと同時に、全裸の女性が出てくる時間も前作と比べ多くなっているような…。しかし、これは純粋に観客の興味に答えた結果であって、素直な続編です。皆、正直に楽しめよと製作は言っているような声も聞こえる。例によって脳天気なアメリカの若者たちが凶悪凶暴な古代ピラニアの餌食となるのは同じですけど。
SPACEMOV (2016年2月15日) 
前作「ピラニア3D」でセンスを炸裂させたアレクサンドル・アジャ監督が降板してしまったのはまことに残念だが、「ソウ」シリーズで脚本を手掛けたマーカス・ダンスタンとパトリック・メルトンが脚本ということで期待してしまう。前作よりさらに下品になり、もう初っぱなからオッパイ祭りだ。青少年に悪影響を与えるなんて気にしてはいけない。もはやそういう問題ではないレベルなのだから。サメではなくピラニアとなるとどうして下品度が増すのか。