サウダーヂ

動画『サウダーヂ』を無料視聴

日本社会の底辺で必死に生きる人間を描く

原題:サウダーヂ
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年10月22日
上映時間:167分
製作会社:空族
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
8ミリ映画「雲の上」(2003)や、映画美学校のスカラシップで製作した「国道20号線」(07)で注目された富田克也監督が、不況と空洞化の進む日本の地方都市を舞台に、移民問題の実態を描きだすドラマ。崩壊寸前の土木建築業の現場で、日系ブラジル人やタイ人をはじめとする移民労働者たちが、過酷な労働条件の下で懸命に生き抜く姿を描く。山梨県甲府。日系ブラジル人やタイ人をはじめとするさまざまな外国人労働者たちが働く土木建築業。ヒップホップグループ、“アーミービレッジ”のメンバーである猛は、建設現場で多くの移民たちと共に働き始めるが、その中には土木業ひとすじの精司やタイ帰りの保坂もいた。

★【スタッフ】
監督:富田克也
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:高野貴子

★【キャスト】
鷹野毅、伊藤仁、田我流、ディーチャイ・パウイーナ、尾崎愛、工藤千枝、デニス・オリヴェイラ・デ・ハマツ、イエダ・デ・アルメイダ・ハマツ、野口雄介、中島朋人、亜矢乃、川瀬陽太、宮台真司

【無料動画】

『サウダーヂ』予告編

『サウダーヂ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
ヤンキー、土方、ラップ、ネトウヨ、そして東南アジア…社会的底辺たちの行き場のないやるせなさを、外国人排斥という形で爆発、東南アジア≒ドラッグの世界に逃避、の2パターンに分けて巧みに描いている。この視点の切り取り方はこの監督ならではの持ち味で他にはない魅力になっているので楽しい。こうした人間たちを平然と馬鹿にしている人はたくさんいるが、真面目そうに思えて内心では見下している奴の方がタチが悪いのだろうな。
映画フリー (2016年1月11日) 
この映画で描かれているのはアンチコミュニケーションだ。夫婦間、親子間、兄弟間、仲間と、外国人と、同僚とちょっとずつ噛み合わない、気持ちが通じたようで通じてないコミュニケーションが取れてない鬱屈。世間はコミュニケーション能力が大切ですとか言っているが、その力を純粋に大切に思って実行している人はなんて少ないのだろうか。ラストシーンの田我流の顔がずっと脳裏にこびりついている。衝撃を受けた映画の1本として刻まれた。
BILIBILI (2016年1月13日) 
とにかくどこにも向けられない言葉にはしづらいモヤモヤ感、ここではないどこかに行きたい、でもどこにもそんなどこかはないのだ、という誰もが感じたことのあるであろうイライラした感情を再現している。ブラジル人とフィリピン人のハーフで日本で育った子達が故郷を思う、サウダーヂ、というときはいったいどこの土地が浮かぶのだろうか…あの家族の食事のシーンは個人的に刺さるものがあった。外国人労働者が増えていく日本はどうなるのだろう。
DAILYMOTION (2016年1月14日) 
田舎ってコワイ系の話はあるが、そこに日本という海外からの視点を入れているのがユニーク。舞台が地獄ならサウダーヂとは、地獄から脱出を夢見ることか、その先は過去なのか。登場人物が多いけれど、その誰もが独特の魅力と独特のリアルに放っていてずっと観ていられる。そして編集のリズムが周到。映像は淡々と、編集は暴力的で不可逆的に否応なくぶったぎられると、なんと清々しいのは意外な感触で。富田克也の掘り方は唯一無二の技だった。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)